【2019年5月】ふるさと納税タブレット今もらえる全機種!

ふるさと納税ではタブレットを始めとした家電の返礼品が人気を博しています。

しかし2019年は家電返礼品の転換期。高還元率のものや地場産品ではない返礼品を提供することがどんどん難しくなり、実際に家電返礼品は少なくなってきています・・・。
iPadも提供されていましたが、3月末で終了してしまいました。

しかしまだタブレットを提供している自治体はあります!今回はふるさと納税でタブレットが貰える自治体を還元率と合わせてご紹介します。

ふるさと納税でもらえるタブレットの返礼品

マウスコンピューター 8型Windows タブレットPC「WN803」 寄附金額80,000円

マウスコンピューター 8型Windows タブレットPC「WN803」 寄附金額80,000円

還元率30%
5月現在唯一もらえるタブレットの返礼品です。とにかく315gという軽量で、これはiPadの中で現在一番軽量のiPad mini4と同じくらいの重さです。片手でもてるサイズなので、どこにいくにも邪魔になりません。また液晶画面には保護フィルムが貼られた状態で出荷されるので、新たに貼りなおす必要もありませんよ。

型番:MT-WN1003-IIYAMA
・OS Windows 10 Home 32ビット
・CPU インテル Atom x5-Z8350プロセッサー(4コア/1.44GHz/2MB L2キャッシュ)
・メモリ 2GBメモリ
・グラフィック機能 インテルHDグラフィックス 400
・カードリーダー micro SDメモリーカード
・液晶 8型液晶(1,280 x 800)
・無線LAN 無線LAN(IEEE802.11 ac/b/g/n)+Buletooth(R)V4.2+LE準拠モジュール
・WEBカメラ 前面192万画素、背面192万画素
・バッテリー駆動 約6.1時間
・本体寸法 W×D×H(mm) 210×122×10
・重量 約315g(本体のみ)
・サポート 1年間センドバック修理保証

その他のパソコン返礼品はこちらから!

ふるさと納税でタブレットをもらうにはどうしたら?

【控除額の確認】自分の世帯と年収で寄附金額分控除されるか

ふるさと納税で寄附ができる限度額は自分の年収によって左右されます。例えば年収800万円・独身であれば約14万円分の寄附が、年収1500万円・独身であれば約39万円分の寄附が可能です。
ただし住宅ローン控除などによっても変わってくるおそれがありますので細かく知りたい方は計算することをおすすめします。
(特に控除などがない場合は控除限度額の表から大きくずれることはありません※実証済)

まずは自分の限度額をチェックしましょう!

【書類の返送】タブレットの返礼品が届きワンストップ特例申請を行えば完了!

タブレットの返礼品と一緒(もしくは先)に書類が自宅に送られてきます。書類は感謝状とワンストップ特例申請書であり、記入し自治体まで送り返せばふるさと納税の処理は完了します!ふるさと納税で寄附先の自治体が5つ以上にならない限り確定申告をしなくてもワンストップ特例申請の申請だけでタブレットが貰えるのでご安心くださいね♪
ワンストップ特例制度についてのより詳しい説明はこちらをご覧くださいね。

【タブレット以外で人気の家電】ふるさと納税でもらえる家電リスト

掃除機や炊飯器絵など、その他の人気のおすすめ家電返礼品とその還元率はこちらをチェックしてみてくださいね。

ジャンル主な返礼品還元率寄付金額
パソコンVAIO19%~28%140,000円~550,000円
カメラキャノン28%~41%210,000円~450,000円
空気清浄機シャープ11%~37%30,000円~300,000円
炊飯器バーミキュラ20%~28%30,000円~280,000円
家電SHARP AQUOS18%~27%95,000円~300,000円
腕時計SEIKO21%~39%160,000円~900,000円