【旅行に便利!】ふるさと納税JALクーポン!おすすめする理由は?

ふるさと納税の返礼品でJALトラベルクーポンが提供され、人気を集めています。
ふるさとチョイスやJTB西日本が運営する「ふるぽ」などのサイトから、全国への旅行に使えるJALトラベルクーポンが提供されています。その人気ポイントや寄付の仕方、クーポンの使い方などをご紹介!

ふるさと納税JALトラベルクーポンのおすすめポイント


ふるぽ

全国37自治体への旅行で利用できる

現在ふるぽなどから提供されているJALふるさとへ帰ろうクーポンは、ふるさとへ帰ろうクーポン単体のものとるるぶトラベル宿泊クーポン付のものと2種類提供されています。
JALふるさとへ帰ろうクーポンは、現在3自治体から、るるぶトラベル宿泊クーポンとセットのものは30自治体から、計33自治体から提供されています。
きっとあなたのご旅行先の自治体も提供していますよ。

有効期限が1年なので”とりあえず”寄付できる!

JALふるさとへ帰ろうクーポンの有効期限は1年間です。有効期限までに航空券を申込む必要があります。また、予約の受付〆切は使用日の5日前までになりますので気を付けましょう。

購入してからしばらく有効期限があるので、ふるさと納税の返礼品に迷っているけど今年の期限がぎりぎり・・・!という人もとりあえず寄付するのにおすすめですよ。

還元率が高い!

2019年7月現在、JALふるさとへ帰ろうクーポンの還元率は27%~30%です。

ふるさと納税でいう還元率というのは、返礼品の金額を寄付金額で割ったものです。
これは、「寄付金額に対して自治体からの返礼品はいくらぐらいの価値があるのか」を測る指標となっています。

JALふるさとへ帰ろうクーポンは例えば101,000円の寄付で27,000円分のクーポンと、自治体の道の駅や商店街などで使える商品券3,000円分がもらえるので、30,000円÷101,000円=30%の還元率ということになります。

後述もしますが、現在総務省からは還元率を30%に抑えるようにという通達が全国の自治体になされ、実際に多くの高還元率の返礼品が提供を終了しています。もしくは還元率を落として提供されています。
そんな中、還元率が30%の返礼品はお得!なのです。

マイルもしっかり貯まる!

航空券を購入する際にマイルが貯まるかどうかも気になる方は多いはず。
もちろんこちらのトラベルギフトクーポンを使っての購入でも、マイルは通常通り貯まるのでご安心くださいね。

JALトラベルギフトクーポンの使い方は?

トラベルクーポンは、JALの航空券を実際に購入する際に使用できます。ふるさと納税でお得に寄付から航空券をゲットするまでの手順としては、

①自分のふるさと納税限度額をチェックする

②調べた限度額内で、ふるぽで希望の発着空港を扱う自治体に寄付し、寄付額に応じたふるぽポイントを使い返礼品を申し込む

③JALのサイトから航空券を予約(予約番号を控える)

④JTB旅の予約センターに電話してふるさとへ帰ろうクーポンの使用を伝え決済手続きをする

⑤後日届くワンストップの書類を期日(翌年の1月10日まで)までに郵送、もしくは翌年3月15日までに確定申告で申請

という流れになります。航空券は④の後に郵送で届きますよ。

JALふるさとへ帰ろうクーポン(JAL日本航空国内航空券)寄附金額13,000円~

還元率30% JALふるさとへ帰ろうクーポン(JAL日本航空国内航空券)

寄付した自治体への航空券購入ポイントがもらえます。福岡県や宮古島などへの旅で使えますよ。

JALふるさとクーポン&ふるさと納税宿泊クーポン 寄附金額13,000円~

寄付した自治体発着便の航空券の割引クーポンと、自治体の宿泊施設で使えるクーポンがセットになった返礼品です。こちらの方は30自治体で提供されています。宿泊券は寄附後に来るメールの予約対象プランの中から予約をします。

↓その他のふるさと納税でもらえる商品券はこちらから!