ふるさと納税のお返しは「電力」!?

国がすすめている再生可能エネルギーの導入。2030年までに現状の半分近い温暖化ガスの排出量を減らさなければならず試行錯誤の真っただ中なのですが、そこで注目されたのがふるさと納税です。太陽光や風力発電といった再生可能エネルギーでつくられた電力を、ふるさと納税の返礼品とする方針が出されました。

一度はダメ出しされたことも

かつては福島県楢葉町など一部の自治体が電力を返礼品として提供していました。しかし「他の地域で発電された電気と混ざる」という理由から地場産品に限る返礼品の基準に合わない疑いがあると指摘されていたのです。

電力が返礼品として容認された背景は複雑なので省きますが、判断に際しては柔軟に条件を決めていったのかもしれませんね。今後電気を返礼品にする自治体は増えそうですし、ふるさと納税の返礼品もさまざまな分野に広がっていきそうです。

福島県楢葉町のふるさと納税返礼品一覧はこちら!

(ふるさと納税ニュース)