ふるさと納税で人気のハンバーグ。お得&おすすめ自治体まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさと納税返礼品で大人気のグルメ商品。その中でも子供にも大人にも大人気なのがハンバーグです。
ハンバーグというと洋食のイメージですが、実は国によってはそこまで馴染みのある食べ物ではありません。ドイツのハンブルクで流行した「ハンブルクステーキ」を起源とし、それがアメリカや日本へと伝わる中で日本人の好みに合わせて独自の変化をしたのが、日本で一般的な「ハンバーグ」なのです。

ふるさと納税の返礼品では普段食べられないような高級牛肉を使用したハンバーグがたくさんあります。普段食卓に並ぶものだからこそ、いつも食べている物との違いがわかりやすく、美味しさを感じやすいのも人気の理由なのかもしれません。良いお肉はついついステーキにと思いがちですが、ふるさと納税の返礼品だからこそ贅沢なハンバーグも試してみてはいかがでしょうか。

そんな贅沢なハンバーグからちょっと変わったハンバーグまで、いくつかの視点からオススメのハンバーグをご紹介します。

ふるさと納税でお得&おすすめの高還元率牛肉ランキングはこちら

ハンバーグの楽しみ方

届いたハンバーグのおいしい楽しみ方。3つご紹介します。

シンプルに焼く

一番スタンダードなパターンは、焼いてソースをかける食べ方。返礼品のような高級牛肉を使った物であれば、「まずは塩胡椒で召し上がってください」と書かれている場合もあります。肉の美味しさを存分に味わうには一番オススメの食べ方です。

確実に火を通せる煮込み

煮込みハンバーグにして食べるのも一般的。煮込むことによって中までしっかりと火を通すことができるので、火加減や焼き時間の調整があまり得意でない方にオススメの食べ方です。市販のデミグラスソースなどを利用すると簡単に作ることができます。

美味しいミンチになる

もう一つ、ハンバーグの美味しい活用方法があります。それは、ミンチ料理に利用すること。キーマカレーや麻婆豆腐などは、肉のミンチが入っています。ミンチを料理で使用する場合に、肉の旨味を引き出す調理法として知られている方法があります。それは、一度丸めて成形した上である程度焼き、中まで肉汁がなじんだところで塊を崩してミンチの状態にする、という調理法。

ふるさと納税の返礼品では多くのハンバーグがもらえるケースがあります。もし少し残った場合や同じ食べ方に飽きた場合、いつもと違った食べ方をしてみてはいかかでしょうか。

ふるさと納税でハンバーグを選ぶ基準

色々な自治体が出しているハンバーグ返礼品。どれを選ぶか迷ってしまうことはありませんか?選ぶ基準を4つご紹介します。

人気ランキングで選ぶ

人気があるものというのは口コミが良い、リピートされているものです。どれが良いか分からない場合は、人気ランキングに入っているものを選ぶのがオススメです。良い品に巡り会える一番の近道と言えるでしょう。

個数やボリュームで選ぶ

家族構成によって必要な個数やボリュームが違うはず。セット内容やグラム数を確認して、ちょうど良いものを探すのがコツです。

還元率で選ぶ

お得感がわかりやすい基準が還元率。ふるさと納税の還元率は平均30〜40%とされていますので、それを超えるようなものがあればかなりお得だと言えるでしょう。

インパクトで選ぶ

ハンバーグと一口に言っても、一般的なものから趣向を凝らしたものまで色々あります。肉の種類や見た目で選ぶと、楽しみながら食べることができるでしょう。

ふるさと納税でもらえるハンバーグ人気ランキング

神内和牛あか100%ビーフハンバーグ10枚入り 寄附金額10,000円(北海道浦臼町)

北海道の大自然の中で放牧されて飼育される神内和牛あか。あか毛和牛の日本国内における飼育頭数は24,500頭。全体の1.36%しかいない貴重な和牛です。神内和牛あかは黒毛和牛よりもサシが少なく、赤身の美味しい和牛。北海道の玉ねぎとあかの美味しい赤身部分をふんだんに使用した特製ハンバーグは、口の中で旨味が広がります。脂ではなく牛肉本来の味わいを感じてください。ふるなびのハンバーグでランキング1位の返礼品です。

牛の里ビーフハンバーグ110g×10個、特製ソースの詰合せ 寄附金額10,000円(北海道白老町)

白老牛は、北海道以外では東京の2店舗でしか提供されていない貴重な牛肉。指定販売店である「牛の里」がお届けする牛肉100%のハンバーグです。白老牛の美味しい脂がぎゅっと詰まっており、ハンバーグ自身の脂でくっつかずに焼き上がります。しっとりとしてジューシー、白老牛の脂の旨味が存分に感じられるハンバーグ。その旨みを最大限生かすために作られたソースは、果物や野菜の甘みがたっぷりでハンバーグにベストマッチ。そのままかけても美味しいですが、焼いた後のフライパンに残った油と一緒に加熱することで、白老牛の脂の旨みがプラスされてさらに美味しいソースになります。肉とソースの美味しい香りが漂います。
冷凍でお届け。賞味期限は製造日から3ヶ月ほどです。

ふるさと納税でもらえるハンバーグ個数別まとめ

【数量限定】東京赤坂あじさい「山形牛特製ソースハンバーグ」5個セット 寄附金額10,000円(山形県大石田町)

特製ハンバーグ約260g(固形量120g+ソース140g)×5個のセット。東京に店舗を構える赤坂あじさいの特製ハンバーグ。東京の店の商品がなぜ山形の返礼品なのかというと、ここの店主が山形県大石田町の出身だから。

山形牛は、夏暑く冬は寒いという寒暖差のある気候の中でゆっくりと育つことで、きめ細やかな肉質と良質な脂になります。このセットには、そんな山形牛を100%使用したハンバーグと、デミグラスソースをベースにしたスパイスの効いたソースがたくさん入っています。ハンバーグは全て調理済み。湯煎にかけて袋を開けたら完成というお手軽さ。5個という少なめの個数なので、場所を取らず、すぐに食べきれます。

鹿児島県産黒豚煮込みハンバーグ・チーズインハンバーグ 12個セット 寄附金額20,000円(鹿児島県いちき串木野市)

黒豚煮込みハンバーグが220g×6個、黒豚チーズイン煮込みハンバーグが180g×6個と2種類のハンバーグが合計で12個入っています。

鹿児島県産黒豚は融点が高く、口の中でとろける美味しさ。ほのかに甘みのある味わいで、臭みがないのが特徴です。そんな鹿児島県産黒豚の旨みが詰まったハンバーグは、豚特有のふんわりとした食感。牛肉のハンバーグとは違った美味しさが味わえます。すでに調理済みのものなので、電子レンジで袋のまま温めてすぐに食べられます。冷凍で配送されます。

九州産牛の手作りハンバーグ 150g×15個 寄附金額10,000円(熊本県長洲町)

熊本県といえば馬肉。このハンバーグは熊本県産の黒毛和牛と馬肉の合挽き肉を使用しています。創業40年の「肉の宮本」という地元に根付いた町のお肉屋さんの昔から変わらない味。通販などもしれおらず、地元でしか味わえない一品です。どこか懐かしい味がする、そんな家庭的な絶品ハンバーグは、個数も 15個とかなり大量。5人家族でも3食分になり、これだけの量があれば他の料理にアレンジするのも気になりません。冷凍の状態で届くのでもちろん冷凍庫での保管が可能。賞味期限は6ヶ月です。

ふるさと納税でもらえるハンバーグ還元率ランキング

八雲ハンバーグセット 140g×15個 寄附金額10,000円(北海道八雲町)

北海道八雲町の八雲ハンバーグ。提供元の平野畜産は、生産から加工、販売まで自社で行うこだわりの強い生産者です。還元率は驚異の63%。返礼品ハンバーグの中ではトップクラスです。北海道産牛肉100%のハンバーグ。八雲牛は北海道の新ブランド牛で、八雲町の広大な自然の中でストレスなく育ち、栄養成分の高い水や質の良い飼料を摂取して育っているため甘みが強いのが特徴です。普通に焼いて食べてもジューシーでおいしいですが、薄めに成型されているのでバンズを用意してハンバーガーにするのもオススメです。冷凍のまま焼けるので解凍は不要。消費期限は冷凍で60日です。

【創業60年】老舗肉屋の特上ハンバーグ10個 寄附金額10,000円(佐賀県唐津市)

佐賀県産黒毛和牛と佐賀県産豚の合挽き肉を使用した極上ハンバーグ。140g×10個セットです。還元率はなんと約60%。かなり高い還元率です。人気ランキングにも入ってくる大人気のハンバーグで、口コミも多数あり。冷凍のまま美味しく焼くことができるので解凍の手間がかかりません。創業60年の老舗精肉店が改良に改良を重ねて導き出した配合で、ふるさと納税の返礼品だけでなく、店頭販売でも大人気。澄んだ空気とおいしい水で育った佐賀県産黒毛和牛と佐賀県産豚の絶品ハンバーグです。冷凍で配送。賞味期限は60日です。

黒毛和牛100%ハンバーグ5個入り 寄附金額5,000円(山口県山口市)

150g×5個セットで、還元率は54%。こちらも人気ランキングに入る人気の返礼品です。山口県産黒毛和牛の「阿知須牛」は、農林水産大臣賞や和牛オリンピックでの受賞歴多数の高級和牛。福嶋牧場という限られた牧場で肥育されているため、生産数が少なくかなり貴重な牛肉です。3年かけてじっくりと肥育されたその肉質はやわらかく、良質な脂が入って甘みと旨みがあふれます。火を入れてもその柔らかさは変わらず、しっとりジューシーで口の中でとろけます。配送は冷蔵。出荷日に製造している出来立ての新鮮なハンバーグが届きます。冷蔵のため消費期限が4日と短いので、届いたらすぐに食べることをおすすめします。

ふるさと納税でもらえるハンバーグ インパクトのあるものまとめ

「白馬ーグ」&「デミ不尽」セット 寄附金額10,000円 (長野県白馬村)

目を引く見た目。ハート型に成型されています。食事は五感で楽しむと言われますが、見て楽しみ、食べて楽しむことができるハンバーグ。白馬のサンプソンというレストランで人気No.1のメニューだったという品で、無農薬、無添加にこだわって作られており、ソースもハンバーグも完全無添加。材料は黒胡椒以外すべて国産の素材を使用しています。100g×5個、デミグラスソース200gのセット。配送は冷凍で、賞味期限は製造日より1年です。

猪ハンバーグ 詰合せ 200g×10袋 寄附金額10,000円 (佐賀県唐津市)

ハンバーグといえば牛肉や牛豚の合挽き、そして豚肉が一般的ですが、佐賀県唐津市では、めずらしい猪肉のハンバーグ返礼品を提供しています。

猪肉は日本ではさほど消費量はありませんが、フランスでは狩猟で取れるだけでは足りず、外国から輸入しているほど広く食されているとか。日本ではめずらしい品ですが、基本的には牛や豚とそこまで大きな味の違いはなく、しっかりと下ごしらえされ調味されているので独特の臭みなどもありません。1袋に2個入っているので、個数は全部で20個。冷凍で配送され、賞味期限は6ヶ月です。

まとめ

以上、ふるさと納税でもらえるハンバーグのご紹介でした。
ハンバーグは生産者の手が加えられていることから、同じ素材でも加工の仕方で味が変わります。還元率だけにこだわらず、人気や個数、物珍しさなど色々な基準で選んで見てください。きっと新たな出会いがあると思います。

※ご紹介した返礼品の内容は、変更されることがあります。詳細は、寄付時に各ふるさと納税サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。