山梨県 都留市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

 

山梨県 都留市のご紹介

都留市は山梨県の東部に位置する市です。南西に富士山を望む山間の市で、富士五湖の山中湖を水源とする桂川が市を北上するようにして流れています。北は大月市、東は上野原市・道志村、西は西桂町・富士吉田市、南は忍野村・山中湖村といった市町村と接しています。161.63平方キロメートルの面積に約3万1,000人の人口を有しています。甲府市から中央自動車道経由で約1時間程度の距離にあり、鉄道の中心駅は都留市駅です。東京都心からも約100キロあまりと、1時間30分ほどで訪れることができる好位置にあります。市内には二十一秀峰と称される山々が存在し、その中には山梨百名山や日本花の百名山に名を連ねるものも少なくありません。中でも赤岩からの眺望は素晴らしいとされ、360度のパノラマで、富士山はもちろん、新宿のビル群や東京タワーまでも見渡すことができます。近年人気を博しているのは市の北部、大月市との境にある高川山で、低山ながら展望に恵まれた山です。初心者にも比較的登頂が容易で、山頂からは南に富士山、東に九鬼山、西に笹子雁ヶ腹摺山など、壮麗な山々の姿を望みます。こうした名山の数々に誘われ、登山シーズンには全国各地からハイカーが集まります。また都留市はリニアモーターカーの研究においても大きな役割を担っており、山梨リニア実験線が置かれています。リニアによる長距離走行やトンネル走行などの試行が日夜続けられ、その様子は山梨県立リニア見学センターでも知ることができます。産業面では富士の湧水を利用した水掛菜・ワサビ・クレソンなどの栽培が盛んであり、都内でも多く流通しています。その他、古渡地区の梅や朝日曽雌の曽雌にんにくなども市の特産品です。こうした名産品は農林産物直売所などで買い求めることができます。

都留市がおすすめする人気の特産品・返礼品

いずれも魅力的な品ばかりですが、おすすめしたいのは真っ黒な麺が目を引く「谷村ブラックうどん」です。2011年に開発された都留市の新名物で、特徴的な黒い色は都留市産の木から作られた木炭パウダーによるものです。発売するとたちまちメディアに取り上げられ人気となりました。同じく炭を効果的に利用した特産品として「炭野菜ジェラート」というものもあり、こちらは炭を肥料として育った野菜を使っています。他に再生羽毛「アップサイクルダウン」の布団やクッション、地元産のハーブを使った「ナチュラルスキンケアセット」など、食品から日用品まで様々な品が返礼品としてラインナップされています。

都留市のふるさと応援寄附金の使い道

都留市では頂いた応援寄付金を市のさまざまな事業に有効に活用させていただきます。寄付の際、以下の7つの事業の中から使途を指定していただくことが可能です。特に応援したいと感じる事業をお選びいただき、実現に向けてご協力ください。なお指定がない場合、7つの事業全般に活用させていただきます。(1)産業・雇用の創出及び地場産・観光産業の振興事業(2)子育て支援及び高齢者福祉事業(3)教育環境の整備及び文化・芸術・スポーツ等の振興事業(4)環境・景観の保全事業(5)防災・防犯体制の整備事業(6)学生の活動促進・活性化事業(7)市民のコミュニティネットワークの整備事業に活用します。

山梨県 都留市の返礼品ページ

山梨県 都留市のホームページ
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=5453