山形県 東根市のふるさと納税のご紹介

山形県 東根市のご紹介

東根市は、山形県の中央東部に位置する市です。北は尾花沢市、東は宮城県仙台市、南は山形市と接する緑豊かな田園都市であり、果樹栽培を中心とした農業が盛んです。中でもさくらんぼの生産量は日本一を誇り、「佐藤錦」発祥の地としてさくらんぼの魅力を全国へ発信し続けています。山形市からは東北中央自動車道経由で30分ほどの距離にあり、主要駅としては山形新幹線の停車駅であるさくらんぼ東根駅があります。また、神町の山形空港からは東京・大阪・名古屋・札幌へ直通便が出ています。人口減少問題を抱える地方自治体も多い中、東根駅は人口が年々増加しており、その増加率は2016年時点で県内最高です。市の経済を担うのはさくらんぼに代表される農業の他、山形臨空工業団地・大森工業団地・大森西工業団地などの工業地帯で営まれている先端技術産業です。このように東根市では農工一体となったまちづくりを志しており、雇用や個人の所得の面でも高い水準を保っています。市の特産品はさくらんぼ、桃、りんご、ラ・フランスなどで、特に佐藤錦は名産品として知られています。さくらんぼ東根駅やさくらんぼ東根温泉など、さくらんぼにちなんだ施設も多く、市を挙げてPR活動を行っています。同様に名産品の名を冠するスポーツイベント・さくらんぼマラソン大会は2017年で16年目を迎えました。秋には梨やぶどうも収穫され、「果樹王国ひがしね」として観光事業も推進しています。近年の取り組みとしては、若年層の人口増加に合わせ、教育環境の整備が急速に進められていることが挙げられます。さらに育児を支援する施設として、2005年、子育て支援センターや室内遊戯施設を包括するさくらんぼタントクルセンターが開設されました。子どもから高齢者まですべての人にとって住み良いまちを目指し、日々課題に取り組んでいます。

東根市がおすすめする人気の特産品・返礼品

「佐藤錦」をはじめとした果物の詰め合わせが人気です。そのままはもちろん、収穫した果物を使ったフルーツジュースやジャム、タルトなどもラインナップされています。春と秋には東根市産の肉・米・酒・さくらんぼを詰め合わせた特産品セット「強力タッグコース」も選ぶことができます。他に工業都市としての東根市を感じられる返礼品として、「ナガオカ・レコード針」や「CASIO・プレミアム電卓」、「圧力鍋」などもおすすめです。

東根市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと寄付金は東根市の以下の事業を推進する資金として運用されます。(1)果樹王国ひがしね及びさくらんぼのPR事業(2)環境保全事業(3)ケヤキの樹勢維持をはじめとする環境整備事業(4)芸術・文化活動の育成・発展事業(5)子どもの遊び場の整備事業(6)さくらんぼ東根駅前の景観整備事業(7)高齢者福祉サービスの充実・強化事業(8)教育環境の整備事業(9)スポーツの振興に資する事業(10)児童福祉環境の整備事業(11)ひがしねのブランド力向上事業(12)市の賑わい創出事業(13)生活基盤等環境整備事業

山形県 東根市の返礼品ページ

山形県 東根市のホームページ
http://www.city.higashine.yamagata.jp/1089.html