和歌山県 かつらぎ町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

和歌山県 かつらぎ町のご紹介

かつらぎ町は和歌山県伊都郡に属する人口約1万6千人の町です。和歌山県の北東部に位置し、北部の和泉山脈と南部の紀伊山地に挟まれた盆地に近い地形となっています。町の中心部に紀ノ川が流れる他、有田川や貴志川も市域を流れています。町内には奈良県や大阪府に通じる国道24号・国道480号の他、県内を繋ぐ国道370号があり、電車でのアクセスはJR和歌山線が利用できます。

肥沃な大地と温暖な気候から、農業分野では近畿地方の中でも有数の規模で発達しています。中でもフルーツの栽培は年間を通して盛んで、かつらぎ町のイメージキャラクターにもなっている、イチゴ・桃・柿・梨・葡萄など様々な種類が生産されており、「フルーツ王国」の名の通り年中観光農園が開設されています。平核無柿の生産量は日本一で、串柿の生産も盛んで、毎年11月23日に行われる四郷串柿まつりも名物となっています。

また、かつらぎ町は歴史の里として、世界遺産に登録されている「高野山参詣町石道」と「丹生都比売神社」を始めとして多くの名所や史跡が残っています。夫婦や兄妹になぞらえて多くの万葉集の歌枕として詠まれた妹山と背山や、江戸時代の参勤交代の街道であり、人々の伊勢参詣の街道として利用された大和街道など様々な場所で散策が楽しめます。花園の御田舞は重要無形民俗文化財にも指定されている一年の豊作を祈願した古典芸能で、隔年ごとの旧暦1月8日頃に遍照寺で奉納公開されています。

かつらぎ町がおすすめする人気の特産品・返礼品

かつらぎ町の特産品であるフルーツの中でも特におすすめの返礼品は、和歌山で生まれた色鮮やかで香り高い苺「まりひめ」や全国日本一の生産高を誇るはっさくをはじめとした柑橘類です。特産品である「ひらたねがき」をじっくりと干した、半熟で自然な甘味のある「あんぽ柿」も人気があります。添加物や水を一切加えず、柿だけを長期に熟成して作り上げた「柿酢」や柿の葉を丁寧に洗い手押しの寿司を巻いた郷土料理「柿の葉寿司」なども、かつらぎ町ならではの返礼品としておすすめです。

かつらぎ町のふるさと応援寄附金の使い道

応援寄付金は次の中から納税者が選択でき、有効活用されています。
1. 環境保全事業として、花木の植栽やゴミ清掃等の実施、2. 高齢者福祉推進事業として移動手段や福祉施設の充実等に活用、3. その他の福祉推進事業として障害者や児童の福祉施策に活用、4. スポーツや文化活動の支援と推、5. 過疎・辺地地域の活性化に向けて交通整備や産業等振興の推進、6. 教育の振興として学校教育、生涯学習等の推、7. ふるさと産品の振興として、農林業特産物の開発・振興や直売所の開発等に活用、8. 観光事業の振興として、観光資源の保全や創造等に活用、9. 世界遺産や文化財の保護と保全、10. 町長が認めたその他の施策、となっています。

和歌山県 かつらぎ町の返礼品ページ

和歌山県 かつらぎ町のホームページ
http://www.town.katsuragi.wakayama.jp/050/080/20170330220140.html

SNSでもご購読できます。