鳥取県 北栄町のふるさと納税のご紹介

鳥取県 北栄町のご紹介

鳥取県北栄町は、鳥取県の中部ほどにあり、人口15,285人の町です。この町は、2005年10月1日に、大栄町と北条町が合併し発足しました。旧大栄町出身で、名探偵コナンの作者でもある青山剛昌の出身地で、町の中には記念館やオブジェもあり、コナンの町として観光名所にもなっています。
そのほかにも、北条オートキャンプ場や、雲ケ家山山菜の里などの、自然豊かな環境に恵まれている地域です。国の史跡として、由良台場跡がある鳥取藩台場跡があります。
農業が盛んな町です。特に多く生産されるのは、西瓜、ラッキョウ、長芋、葡萄です。

名産品として有名なものは、地元産の葡萄で造られる北条ワインです。ドライブに欠かせないのは休憩場所かと思いますが、この町にある道の駅大栄は全国で最初に登録された道の駅で、レストランの近くには登録第一号と証となる石碑、看板が設置されています。ここもひそかな観光名所となっていて、地元の農産品など購入することができます。

アクセスは、鳥取自動車道鳥取インターチェンジから国道29号線、国道9号線を通ると北栄町まで約1時間です。JRだと山陽線米子駅から由良駅まで約1時間、倉吉駅から由良駅まで約20分、飛行機だと、東京、名古屋から鳥取空港、米子空港へ行くことができます。空港からは、1時間から1時間半くらいの時間がかかります。

北栄町がおすすめする人気の特産品・返礼品

北栄町のふるさと納税の返礼品は、鳥取県産の和牛のステーキのセット、大阿蘇のハムセット、野菜の詰め合わせ、カニなど種類豊富です。また地元の特産品でもある葡萄を使った北条ワインなど、鳥取県内の特産品が数多くあります。おすすめは、山下畜産の和牛オリンピック出場牛のセット各種です。5年に1度開催される全国和牛能力共進会で優等賞を獲得したお肉です。特別企画として行っているもので、おすすめです。

北栄町のふるさと応援寄附金の使い道

北栄町での寄附金の用途は、寄附者がどの事業に充てるのかを選ぶことができます。鳥取県が進めているまんが王国とっとりに連携をしていて、観光に関する事業や、風力発電などの自然エネルギーの活用をし、環境の保全に関する事業、未来を担う子どもたちの教育、育成に関すること、その他、福祉、防災、産業振興等の事業に充てられています。

鳥取県 北栄町の返礼品ページ

鳥取県 北栄町のホームページ
http://www.e-hokuei.net/1586.htm