東京都 墨田区のふるさと納税のご紹介

 

東京都 墨田区のご紹介

墨田区は東京都の特別区の1つです。東京23区内のやや北東にあります。人口は231092人ですが、区外からの通勤者や通学者を含めると262514人で昼は夜の1.136倍の人口になります。世帯数は、117324世帯で、外国人登録者数は8314人と外国人の方も多く生活されています。墨田区の全国的有名な観光名所には、2012年5月に自立式鉄塔としては世界一の高さ634mのデジタル放送用タワーのスカイツリーがあります。スカイツリーからの景色は昼でも夜でも美しいです。レストランもあるので、景色を楽しみながらおいしい食事が食べられます。この他にも、川が多い地域の特性を生かした屋形船でのお食事やすみだ水族館、東京都江戸東京博物館、相撲博物館などがあり、何世代にも渡り楽しめる地域です。季節のイベントには、美しい桜を楽しめる墨堤さくらまつり(毎年3月下旬~4月)や川の多い地域の為ボート競技が盛んで、早慶レガッタ(毎年4月)が開催されています。早慶レガッタ以外に各地の中学生などのボートクラブが出場する大会も8月に開催されている。7月には隅田川花火大会が開催されて大勢の人々で賑わいます。名物には、ガラス器、ガラス加工や江戸切子などがあります。この他にも、向島にある有名な老舗の和菓子屋店に言問団子や長命寺の桜餅などがあります。また、区内にあるオムツ会社が日本で初めて公に使用し商標登録したことをきっかけに墨田区は「介護」の発祥の地としても言われています。

墨田区がおすすめする人気の特産品・返礼品

墨田区の返礼品は、「すみだブランド」として掲げている、「すみだモダン」シリーズはおすすめです。特産品のガラス製品をはじめ、エプロンやポロシャツや椿ヘアオイル、名刺入れ、キッチングッズなど、こだわりのすみだグッズが選べます。「スカイツリーレストラン」のランチやディナーの豪華なペア券も選択肢にある為特別な日のお出掛けにもよいかもしれないです。海の動物が好きな方に人気が高いのは、「すみだ水族館」のペア年間パスポート引換券も選べるので、こちらもおすすめです。

墨田区のふるさと応援寄附金の使い道

東京都墨田区へのふるさと応援寄付金の使い道としては、「すみだ北斎美術館」の建物の維持費(修繕、運営費用)や資料の収集費用、展覧会の充実のために充てられたり、「すみだの力応援基金」でまちづくり推進基金として充てられたりします。その他、区政一般への寄付など選択肢はいろいろとあるようです。どのような使い道に充てたいか希望ができるようなので、詳細が知りたい方はお問い合わせをしてみるのもよいかもしれません。

東京都 墨田区の返礼品ページ

東京都 墨田区のホームページ
https://www.city.sumida.lg.jp

SNSでもご購読できます。