東京都 西東京市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東京都 西東京市のご紹介

西東京市は東京都の多摩地域東部、武蔵野台地のほぼ中央に位置する市です。北側は埼玉県の新座市、南側は武蔵野市と小金井市、東側は練馬区、西側は小平市と東久留米市に接しています。平成13年、田無市と保谷市との新設合併によって、21世紀最初に誕生した市でもあります。市のある周辺はかって旧青梅街道の宿場町として栄え、そのため近代になってから主要幹線道路が東西に横断し、市域の北側と南側とに鉄道が2路線走るアクセスの利便性により、東京都のベッドタウンとして発展を続けてきました。

平成26年には「西東京市第2次総合計画」がスタートし、市民が住みやすい新たなまちづくりを目指しています。市内には数多くの名所や史跡が点在しており、高輝度LEDを採用した世界最大級のプラネタリウムがある「多摩六都科学館」、国史跡指定を受けた縄文遺跡「下野谷遺跡」、市立公園であり、アウトドアが体験できる「西東京いこいの森公園」など、様々な場所で観光やレジャーを楽しめます。

また、毎年11月には市最大のイベントとして、「西東京市民まつり 」が開催され、各団体の歌や踊り、たくさんの出店で賑わい、期間中は市民の半分以上が訪れるといわれています。主産業は商業、興業ですが、市の約13%が耕地であり、水田もわずかながらつくられています。一番多く栽培されているのはキャベツで、作付面積、収穫量共に多摩地域で1位、東京都では練馬区に続いて2位であり、特産品にもなっています。

西東京市がおすすめする人気の特産品・返礼品

西東京市の返礼品は西東京市一店逸品事業にも認定された「西東京梅酒」と「たまり漬け干納豆」のコースがおすすめです。特産品のひとつである西東京市産の梅でつくられた梅酒は梅の旨みと原酒の喉ごしがバランスのよい逸品で、たまり漬け干納豆も特許製法の炭火造りにより、従来の干納豆に比べ柔らかく仕上げられています。また、「一店逸品!お茶とお菓子コース」も西東京市一店逸品事業に認められた商品の詰合せで、地元のいろいろな味が楽しめると人気です。

西東京市のふるさと応援寄附金の使い道

西東京市へ寄せられた寄附金は、一般歳入・目的別の基金に積み立され、よりよいまちづくりの為の事業に活用されます。事業の内容は「いこいーな」を活用した地域の方々の愛着心の醸成など地域振興によるまちづくり、総合的な地域福祉によるまちづくり、市文化芸術振興によるまちづくり、スポーツ活動の支援に活用するまちづくり、みどりの保護・育成など緑化事業の推進に活用したまちづくり、などです。そのほかに行う様々な事業の為にも有効活用されます。

東京都 西東京市の返礼品ページ

東京都 西東京市のホームページ
http://www.city.nishitokyo.lg.jp/siseizyoho/syokai/furusato.html

SNSでもご購読できます。