栃木県 真岡市のふるさと納税のご紹介

栃木県 真岡市のご紹介

真岡市は栃木県の南東部に位置し、人口約8万人の市で、農業、商業、工業のバランスの取れた法が芳賀郡の中心都市です。地名である真岡の由来は市街の中心部の「台町」は一帯をかつて沼や沢に覆われて水鳥たちの生息地だったそうで、台地の松などの木には鶴が飛来し、その様子があまりに美しいので人々が「鶴の舞う丘」「舞丘」と呼ぶようになり、それを「もうか」「真岡」と書かれるようになったと言われています。東京からは約100㎞の距離で真岡駅から秋葉原駅まで最速1時間36分で結ぶ経路があり、宇都宮駅や石橋駅まで30分程で行くことができるので、下館駅から常総線を経由し、守谷駅よりつくばエクスプレスで秋葉原駅まで行くことができます。名所としては井頭公園があり、広大な敷地の中に一万人プールやボート池、自然植物園、各花木園に花ちょう遊館や鳥見亭などがあり、見所がたくさんあります。春には桜まつり、夏にはプールがオープンし多くの人で賑わいます。また真岡鐵道真岡駅には2台のSLが土日祝日のみ運行しており、乗車することができます。駅舎もSL風になっており、情報館もあります。そして大前神社は1500年余りの歴史を持つ延喜式内の名社です。県指定の文化財である社殿は仙人図と水の恵、そして霊獣類の彫刻達で飾られています。かの名工藤田孫平治の力作となっています。日本一の恵比寿様がいますので、そちらも必見です。名産品としては木綿や生産量日本一を誇るイチゴやメロンなどです。

真岡市がおすすめする人気の特産品・返礼品

真岡市の返礼品のおすすめは日本一の生産量を誇る特産品のイチゴやそのイチゴを加工したジャムやアイスなどのお菓子がおすすめです。特に冬に出荷されるとちおとめなどのいちごは絶品です。また乳白色の色合いが名前の由来となったミルキークイーンというお米はもちもちとした強いねばりが特徴で、冷めても固くなりにくい上に味も濃厚です。さらに農家でのお米作り体験などもあり、収穫後はお米のプレゼントもあります。伝統工芸品である真岡木綿のコースターやインターナショナル・ビアカップ2016金賞受賞した「金の使者」と大黒豆を使っている黒ビール「福久喜多留」は縁起の良いセットで人気です。

真岡市のふるさと応援寄附金の使い道

真岡市の応援寄付金は、6つの事業を推進するために使用され、希望する事業を選択することができます。  1木綿の里真岡事業 特産品育成と地域振興事業 2真岡夏祭り事業 地域の文化や伝統芸能の伝承並びに育成事業 3真岡環境保全事業 自然環境と生活環境保全、整備に関する事業 4教育のまち真岡事業教育環境整備、青少年の健全な育成に関する事業 5ほっとするまち真岡事業 子育て支援、高齢者や障害者自立支援事業 6市長に任せる事業 以上6つの事業から選択出来ます。

栃木県 真岡市の返礼品ページ

栃木県 真岡市のホームページ
https://www.city.moka.lg.jp