埼玉県 杉戸町のふるさと納税のご紹介

 

埼玉県 杉戸町のご紹介

杉戸町は埼玉県の東部に位置し、関東平野の中央からやや南寄りにあります。江戸時代になって五街道が整えられました。そのひとつである日光道中は、江戸の日本橋と日光を結ぶ道、もしくは宇都宮から分岐する奥州道中をかねていました。杉戸町を通る国道4号線の旧道が日光道中です。杉戸宿は日本橋から数えて、千住、草加、越谷、粕壁に続いて、五番目の宿場でした。杉戸町は一年を通して祭り等のイベントが多いです。春には高野台さくらまつりがあり、満開の桜を見ることが出来ます。夏は古利根川流灯まつりがあり、川に流れる灯篭と夜空に瞬く花火が幻想的です。秋は産業祭を開いて特産物や模擬店が楽しめます。冬はマラソン大会が開かれ、元気いっぱいに走れます。永福寺のどじょう施餓鬼は歴史が古く、いわれも強烈です。その昔、高野城主永富朝臣という殿様がいて、酒におぼれ、障害者や鎌倉街道の通行人を殺す等、悪行を尽くしていました、その妻は嘆き、子どもを比叡山に送り、自害する程でした。やがて、息子は日尊上人となり、そしてその父親である高野城主永富朝臣は落馬して亡くなってしまいました。日尊上人は断食して地獄へ行き、エンマ大王から父親の地獄の様子を聞き、救う方法はないかと聞きました。そこで、施餓鬼の秘法を教えてもらい、それを試すと龍が現われ、父親をはじめとする成仏出来ない人々を乗せて、極楽浄土へ旅立ったそうです。それ以降、約600年の間、永福寺では大施餓鬼が行われているのです。

杉戸町がおすすめする人気の特産品・返礼品

返礼品として人気なのが、次郎柿です。無農薬なので安心で、実が大きく甘みが強い特産品です。お酒が好きな方におすすめなのが、ほんもろこの醤油煮です。養殖小魚のほんもろこを使用し、醤油で煮て生姜で風味を整えたサッパリした味です。ご飯や酒のつまみに最適です。杉田町に興味のある方は温泉入館セットも良いでしょう。かつて日光街道の宿場町として賑わった杉戸町の杉戸天然温泉が楽しめます。かけ流し温泉、高濃度炭酸温泉、足湯や岩盤浴など、楽しめます。

杉戸町のふるさと応援寄附金の使い道

寄付金の使い道ですが4通りあります。道路などの環境整備、交通安全、防犯対策、自然環境の保全を推進する「快適な環境と安心して暮らせるまちづくり事業」、健康推進、高齢化社会への対応、福祉の充実を図る「健康で生きがいのあるまちづくり事業」、農業、商業、工業の振興、産業団地の拡張、魅力ある観光環境づくりである「活力ある産業を育てるまちづくり事業」、教育施設の整備、青少年育成活動の助長、生涯学習や生涯スポーツの推進、コミュニティの支援である「心豊かな人をはぐくむまちづくり事業」です。

埼玉県 杉戸町の返礼品ページ

埼玉県 杉戸町のホームページ
https://www.town.sugito.lg.jp/cms/index2739.html

SNSでもご購読できます。