埼玉県 幸手市のふるさと納税のご紹介

埼玉県 幸手市のご紹介

埼玉県幸手市は埼玉県の東部に位置する市です。市内には、徳川家の将軍が日光東照宮に墓参した時に立ち寄ったと言われる聖福寺や明治天皇が行幸した時に泊まったという行宮所跡が現在も残っています。約8000年から6000年前の縄文時代には現在の低地は海底だったのですが、槙野地の大地にて採集や狩猟での生活が行われていました。龍燈伝記に書かれていることには、弥生時代後期の1800年前に日本武尊は薩手が島に足を踏み入れ建御雷の神を田宮の雷電神社に祀ったということが「さって」と呼ばれる由来となったようです。交通の要所として長い歴史を持つこの地は、鎌倉から戦国にかけてその最初の役割が始まりました。吾妻鏡によると、高野の渡は奥州に対する重要拠点とされ、ここを通過する鎌倉街道は軍事と交易の上で重要な道でありました。その高野の渡は現在の高野満願寺橋の辺りに存在したとされています。それに続くのは江戸時代で、日光道のうち6番目の宿場が設置され、日光御成街道が分かれる宿場町として繁栄しました。利根川の付け替えの工事が実施され、権現堂川と江戸川を中心にした舟運がよく行われるようになって、権現堂や関宿の河岸では回船問屋が並ぶようになりました。河川の改修で新田の開発も進行し農業が発達しました。最後は明治以降で、それまでの舟運は減退し、国道4号が代わりに東北と東京を繋ぐ全国規模の幹線道路としての役割を担うことになります。また、東武鉄道により東京と繋がれ、東京都心から50km圏に位置していることで都市化が進行し、工業団地や住宅団地等が整備されたことで水田の広がる都市としての今の姿になりました。

幸手市がおすすめする人気の特産品・返礼品

埼玉県幸手市のふるさと納税の返礼品は通常人気である肉やお酒、特産品などはありませんが、同じく人気であるお米として幸手のコシヒカリ特別栽培米があります。量も大変満足できるものとなっています。大家族でも幸手の味である幸手のコシヒカリを味わっていただくことができます。玄米なので健康志向の方にもおすすめできる一品です。是非、この機会に幸手市にふるさと納税をしてこの幸手のコシヒカリ特別栽培米を手に入れていただき普段お食べになっているものや他の地域のふるさと納税の返礼品として手に入れたお米と食べ比べをしていただいて幸手の味を存分に堪能していただきたいです。

幸手市のふるさと応援寄附金の使い道

埼玉県幸手市のふるさと納税の応援寄付金の使い道は以下のようなものになります。児童の教育に関連した事業、年少者から年長者までの健康や福祉に関連した事業、資源の再利用など環境に関連した事業、第一次産業から第三次産業までをサポートする事業、財政を健全なものとすることに関連した事業、になります。幸手市の市民が幸せな生活を送り、幸手市が発展していくためには、幸手市の年少者である子どもたちがしっかり学び成長していくことが出来る環境づくりや地元産業が活き活きと成長できる土台作りなどが必要となってきます。皆さんの手で是非幸手市を支えて下さい。

埼玉県 幸手市の返礼品ページ

埼玉県 幸手市のホームページ
http://www.city.satte.lg.jp