埼玉県 三芳町のふるさと納税のご紹介

埼玉県 三芳町のご紹介

三芳町は、埼玉県南部の町で、人口38,000人ほどと東京都に最も近いことから、小さな町の割にベットタウンとして人気があります。町内には鉄道が通っていないものの、隣の富士見市との境界近くには東武東上本線の鶴瀬駅や、みずほ台駅があるため、住宅地として発展しています。三芳町には、旧石器時代の遺跡がたくさん存在しており、約3万年前から1万3千年ほど前までの各時代の石器が出土しています。江戸時代には川越藩により開発が進められ、藩営新田として新たな村を次々誕生させました。特に柳沢吉保公ゆかりの三富開発地の「上富地区」は、ケヤキ並木沿いに屋敷が並んでおり、江戸時代の地割の面影が残る地区としても知られています。火山灰の土壌を生かし、江戸時代より作り続けられている特産品、さつまいも「川越芋」の一大産地です。9.月から11月の季節には生産している農家が軒を連ねる道を「いも街道」としてのぼりを掲げ、店先で気軽に購入でき、町を盛り上げています。特産品の川越芋を利用し、芋焼酎が販売されたり、さつまいもコロッケを食べられるお店が出たりと、加工品もおすすめです。また、品評会でも評価の高い「狭山茶」も特産として知られています。品質の高さは県内でも屈指で、普及と消費拡大を目指しています。県内生産一の「そば」も高い評価を得ています。「みよしそばの里」ではそばの生産や直売だけでなく、そば打ち体験もおすすめ、広大な畑でみられるそばの花も見ごたえがあります。

三芳町がおすすめする人気の特産品・返礼品

埼玉県三芳町のふるさと納税返礼品には、特産品を中心にさまざまなものがあります。中でもおすすめは、サツマイモの女王「富の川越いも」を使った芋焼酎「富の紅赤」です。平地林の落ち葉を集めて完熟させたたい肥を畑に使う循環型農法で大切に育てられたサツマイモが原料となっており、上品な甘みと香りが特徴です。その他、サツマイモを使った銘菓やさまざまな加工品が味わえるセットなどもあり、人気があります。収穫の時期にはもちろんサツマイモそのものも大変人気です。

三芳町のふるさと応援寄附金の使い道

埼玉県三芳町へふるさと納税で皆様からいただいた寄付金は、子育て環境の整備や安全・教育ネットワーク体制強化などの子育てに関する事業、防犯・防災対策や公共交通機関の充実を目指す安心安全なまちづくり事業、都市景観の向上と緑化の推進、歴史景観保全など公園や緑化に関する事業、特産品の開発や後継者育成の支援、農業環境の整備などの農業振興に関する事業、芸術や文化、教育に関する事業、健康づくり活動や高齢者・障がい者への支援などの健康・福祉に関する事業、そのほか市政全般に活用されています。

埼玉県 三芳町の返礼品ページ

埼玉県 三芳町のホームページ
https://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/town/about/furusato-tax-payment.html