埼玉県 熊谷市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

埼玉県 熊谷市のご紹介

熊谷市は、埼玉県北部に位置する人口約20万人のまちです。江戸時代に宿場町として栄えた熊谷市内には、現在でも国道17号をはじめとした4本の国道と9本の主要地方道に加え、上越新幹線をはじめ、3本の鉄道路線も通る交通の要衝となっています。人口は県内第9位ではあるものの、農業産出額は県内第2位、商品販売額は県内第3位、製造品出荷額も県内第4位の実績を誇っています。1990年代以降は、ヒートアイランド現象やフェーン現象の影響もあり、2013年には夏の気温が国内観測史上で最高気温となる40.9℃を観測するなど、猛暑日数など多くの最高記録が観測された地として全国的にその名が知られるようになりました。今では"猛暑の本場"としてメディアで取り上げられることも多い熊谷ですが、この知名度を逆手にとったまちづくりも展開、最近では"日本一暑い街"として激辛のご当地グルメ『くま辛』など、地域活性化とシティ・ブランドづくりの一環としたプロジェクトも始動しています。また、市内には日本の文化・芸術に出会える魅力ある観光スポットもたくさんありますが、江戸時代より桜の名所として知られている、500本ものソメイヨシノが2kmにわたって桜のトンネルをつくる「熊谷桜堤」は、さくらの名所100選にも選ばれており、毎年多くの人々を魅了しているほか、7月には毎年75万人もの集客を誇る「熊谷うちわ祭」、打上総数1万発にものぼる熊谷の夏の風物詩「熊谷花火大会」など、市内では訪れた人全員を熱く燃えさせるイベントも盛りだくさんです。

熊谷市がおすすめする人気の特産品・返礼品

熊谷市ゆかりの企業で世界的にも有名なパイロットコーポレーションが創業当時に開発した「パイロット万年筆 CUSTOM845」は熊谷市を代表する特産品のひとつとしても知られ、返礼品の中でも特に人気の高い商品となっていますが、グライダー滑走時間・飛行回数ともに日本一を誇る妻沼グライダー滑走場がある熊谷ではグライダー体験ができる「スカイスポーツグライダーの体験搭乗券」や、熊谷B級グルメ大会にて2年連続でグランプリを獲得したピリ辛ハーフチキンなどが入った「鳥末本店のバラエティーセット」も人気となっており、おすすめです。

熊谷市のふるさと応援寄附金の使い道

皆様からふるさと納税として寄附して頂いた寄附金は、環境共生都市を目指す熊谷市のまちづくりのため、下記の事業にて活用させて頂きます。1.「あっぱれ!熊谷流」推進事業への活用、2.非核平和都市事業への活用、3.国際交流事業への活用、4.熊谷の教育事業への活用、5.地域文化の復興に関する事業への活用、6.社会福祉事業への活用、7.地域活性化に関する事業への活用、8.緑豊かな快適なまちづくりを推進する事業への活用、10.スポーツ復興に関する事業への活用、11.その他熊谷市全体を応援する事業への活用、以上の10項目となっています。

埼玉県 熊谷市の返礼品ページ

埼玉県 熊谷市のホームページ
http://www.city.kumagaya.lg.jp/about/kifu/ouenfurusato/index.html