埼玉県 北本市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

埼玉県 北本市のご紹介

北本市は埼玉県の東中央部に位置し、西側には荒川が流れ、大宮台地の上にほぼ平坦な地形にあります。武蔵野の雑木林などの自然もありながら、田園風景も望める緑豊かな土地です。人口は約6万6千人ほどです。伝説では、源範頼は修善寺で殺されずに石戸に逃げ、その時に範頼が杖として使った木が根付き、蒲桜の元になったというものです。蒲桜は日本五大桜の天然記念物に指定されています。この伝説にあやかり、範頼そばや範頼だんごなどのグッズも販売されています。毎年11月頃には、北本まつり(宵まつり)という関東最大のねぶた祭が開催されます。よさこいソーラン等のパフォーマンスがあった後、北本太鼓を合図に各団体が制作したねぷたや囃子山車が会場を練り歩きます。会場には様々な屋台が出店し、北本グルメフェスタが開催されます。また、11月には北本きくまつりが毎年開催されています。市内の小学生や菊愛好家の方々が丹精込めた菊花、菊人形などが展示されます。菊だけでなく、総踊りやフラフショーなどの踊りも楽しめます。石戸(北本)トマト栽培は大正14年に輸出用の種子の為に試験的に栽培された事から始まりました。昭和に入り、組合を組織され、東京やその他の青果市場に出荷されて、良品でないものを加工し、トマトクリームとして各地で販売しました。また、完熟しないトマトはトマトピクルスとして売り出して、石戸トマト、のちの北本トマトは有名になりました。そばも有名で、遊休農地の解消や水田転作を拡大する為にはじめたそば栽培が現在は県内4位になりました。

北本市がおすすめする人気の特産品・返礼品

返礼品で人気なのが、北本トマトです。トマトの旨味をギュッと絞ったトマトジュース、外はパリッとして中はトマトの風味が溢れるとまとルンルン揚げ餃子、完熟トマトをコトコト煮込んで旨味たっぷりのトマトカレーなど、バリエーション豊富です。おすすめは、特産品であるそばとうどんのセットです。蒲桜そばは、北本市そば生産組合のそば粉を使用し、風味を基調とした独特の技術と設備によって製造されています。また、昔からうどんに最適な中山道麦の産地でもあり、蒲桜うどんも独特の製法で作り上げたふるさと認証食品なのです。

北本市のふるさと応援寄附金の使い道

寄付金の使い道は7つあります。子育て支援、教育支援などの「子どもの成長を支えるまちづくりに関する事業」、地域福祉、生涯学習、文化、スポーツなどを推進する「健康でいきいきと暮らせるまちづくりに関する事業」、市民参画出来るボランティア、地域コミュニティ活性を促す「みんなが参加し育てるまちづくりに関する事業」、環境保全、防犯、防災などに力を入れる「快適で安心・安全なまちづくりに関する事業」、企業誘致、観光振興などに取り組む「活力あふれるまちづくりに関する事業」、情報公開、広報を徹底する「健全で開かれたまちづくりに関する事業」、そして、市に使い道を一任する「特に使途について希望なし」です。

埼玉県 北本市の返礼品ページ

埼玉県 北本市のホームページ
http://www.city.kitamoto.saitama.jp/kurashi/zei/1/1419043238105.html