佐賀県 鹿島市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/17

佐賀県 鹿島市のご紹介

佐賀県の西南部にある鹿島市は、東部には有明海が広がっており、西部には多良岳山系に囲まれている自然環境に恵まれた市となっています。人口は29,823人、国道207号線が長崎本線と並行して走っており、長崎市と福岡市からはJR長崎本線の利用で約1時間となっています。福岡空港から車で約90分、佐賀空港から車で約50分です。

平安時代に建てられた古寺であり、国の重要文化財指定を受けている3体の仏像が黄金の輝きを放っている「蓮厳院」、江戸時代の末期に建てられた鹿島藩武士の旧宅で、市の重要文化財指定がされている茅葺屋根が特徴の「旧乗田家住宅」、7世紀に造られたとされている巨石墳で、当地方有力者の墓と考えられている「鬼塚古墳」、春に見事な桜を見ることができ、日本の歴史公園百選に選ばれた「旭ヶ岡公園」、海の紅葉と言われているシチメンソウを見ることができる有明海干潟の海岸「新籠海岸」など、歴史と自然に触れることができる観光名所が多くあります。

その有明海は日本一広大な干潟と、最大6mにもなる干満の差を有しており、ムツゴロウやワラスボ、クチゾコ、赤貝といった珍しい生き物を見ることができます。また蒲焼きや揚げ物、煮物料理にも最適で、有明海に生息しているカニをすりつぶした「ガニ漬け」も酒のつまみに人気となっています。日本一の生産量並びに販売量を誇る「海苔」は、甘くて口どけが良く極上の海苔と全国でも有名です。

鹿島市がおすすめする人気の特産品・返礼品

鹿島市の人気の返礼品は、世界最高峰の国産の和牛で、トランプ米大統領が来日した時の日米首脳夕食会で提供されたブランド牛の「佐賀牛」です。A5ランクのヒレステーキやロースステーキなど豊富な種類があります。
おすすめの返礼品は、鹿島の特産品の野菜に加えて、白石町のレタスや玉ねぎ、島原半島のキャベツやブロッコリーなどバラエティに富んだ、肥前の国で採れた「肥前の国のお野菜詰合せセット」、日本一広大な干潟で遊ぶことができる「干潟で泥んこ体験」となっています。

鹿島市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄附金は、ものづくりのまち鹿島を盛り上げるための「産業の振興に関係する事業」、健康長寿のまちづくりのための「福祉と保健、医療の充実に関係する事業」、「都市基盤の整備に関係する事業」、「自然環境の保全に関係する事業」、「安全で安心のまちづくりに関係する事業」、「教育と文化の向上に関係する事業」、「協働のまちづくりに関係する事業」、「市長におまかせ」の8つの事業の中から、活用先を選んでいただけます。

佐賀県 鹿島市の返礼品ページ

佐賀県 鹿島市のホームページ
http://www.city.saga-kashima.lg.jp/main/64.html