大阪府 田尻町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

大阪府 田尻町のご紹介

田尻町は、大阪府の泉南にある大阪湾に面した人口約8,500人の町です。隣接する自治体には、泉佐野市や泉南市があります。また、沖合に浮かんでいる関西国際空港の中央部も田尻町に属しています。2006年の時は日本一小さい町でした。2009年には埋立てなどによって面積が増加したため、日本一小さい町では無くなりました。町へのアクセスは、南海電気鉄道の南海本線で中心となる駅は吉見ノ里駅になります。都道府県へアクセスする場合は、南海本線の天下茶屋駅もしくは難波駅を利用して行きます。空からのアクセスは関西国際空港があります。電車も関西国際線駅で下車していただいてアクセスします。大阪湾に面しているので船でいらっしゃる場合は田尻漁港を利用ください。観光スポットには田尻歴史館の愛らんどハウスがあります。こちらは大阪合同紡績の元社長の別邸を改装して資料館にしたものです。館内にはステンドグラスなどの美しい装飾がふんだんに施されています。また、こちらでは一日一組限定で貸切のウエディングを行ってくれていてとても人気があります。特産品には毎年5月ごろに収穫される泉州黄タマネギが人気です。肉質がとても柔らかく甘い品種で現在では幻のタマネギとまでいわれるほど貴重な物となっています。なにわの伝統野菜にも認定されています。他には、皮がとても柔らかく水分が多い水ナスも有名です。浅漬けで売られている物が全国的にもよく売れています。

田尻町がおすすめする人気の特産品・返礼品

田尻町の返礼品は、関西国際空港の普段は入れない保安区域に入りオフィシャルガイドが空港を案内してくれる、わくわく関空見学プランという物がお子様のいるご家庭に人気となっています。機内食体験や関西空港のグッズがセットになった体験プランです。他にも体験プランとして田尻漁業体験というものがあり、おすすめとなっています。獲った魚介類はその場でバーベキューを行って食すことができます。特産品でもある新鮮な魚が食べられるという事で大変人気のプランとなっています。

田尻町のふるさと応援寄附金の使い道

田尻町のふるさと応援寄付金は、各事業に必要に応じて振り分けられます。特産品でもある黄タマネギをはじめとした特産品を育成する、並びに地域産業の振興に関係する事業、田尻歴史館など歴史や文化財等の保全や活用に関係する事業、安心と安全のまちづくりに関係する事業、未来を担う子供たちが健全に育成できるようにするための事業、環境を保全、そして再生に関係する事業、教育と文化ならびにスポーツを振興するための事業などに使われます。

大阪府 田尻町の返礼品ページ

大阪府 田尻町のホームページ
http://www.town.tajiri.osaka.jp/chosei/1292829104838.html