岡山県 勝央町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

岡山県 勝央町のご紹介

岡山県の北東部に位置していて、金太郎のゆかりの町として有名な勝央町です。昭和29年に勝間田、高取、植月、吉野、古吉野が合併してできました。黒豆や果物の栽培が有名な農業があり、おかやまファーマーズ・マーケットノースヴィレッジなど全国的に有名な観光地を確立してきています。有名な「金太郎」は、「坂田金時」として実際に存在していた人物だったそうです。強い人を探していた京の都のお侍さんに出会い、立派なお侍さんになったといわれており、その坂田金時は今は栗柄神社で葬られているそうです。

なだらかな丘陵地帯が特徴なので果物、野菜、酪農が盛んに行われています。とても有名なのが、「ピオーネ」で、ハウス加温栽培で育てているので早期の出荷ができるのが特徴です。そのため、需要が高いお盆の時期に販売することができます。「いちご」も美味しく食べることができて、甘すっぱい香りのいっぱいのハウスで食べるいちごは、11月から6月まで味わうことができます。

観光地も自然と共有された場所が多く「おかやまファーマーズ・マーケットノースヴィレッジ」は、農業をテーマにした体験型の公園です。子どもから大人まで楽しむことができてアスレチックや動物とのふれあい、季節の野菜や果物の収穫体験をすることができます。宿泊ロッジもあるのでゆっくり過ごすこともできる観光名所です。お祭りでは、坂田金時こと金太郎にちなんだ「金時祭」は、老若男女が楽しむことができるお祭りです。

勝央町がおすすめする人気の特産品・返礼品

岡山県勝央町のふるさと納税の返礼品で人気な特産品は、お米です。「勝央町産のお米食べ比べセット」は、恵まれた気候や環境で育った4種類を食べることができるので自分の好きなお米の味に出会うことができておすすめです。「岡山県産黒毛和牛肩ロース」は、霜降りが適度にあってやわらかいのが特徴です。きめが細かいため風味がよくお肉の味を楽しむことができます。「瀬戸ジャイアンツ」は、種がなくて皮ごと食べることができるぶどうで酸味が少なく甘みが強いのですが、シャインマスカットに比べてあっさりと食べることができます。

勝央町のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられたふるさと納税の寄附金は、主に4つの事業に振り分けて使われます。
1、高齢者福祉の充実のために在宅の人に向けたネットワーク作りや福祉バスの運営など2、子育て世帯のために誕生日などの祝事業など3、教育に対して、不登校児童生徒への対応や生徒指導推進など4、産業振興事業や企業の誘致対策など

岡山県 勝央町の返礼品ページ

岡山県 勝央町のホームページ
http://www.town.shoo.lg.jp/furusato_tax/