長野県 売木村のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/01

長野県 売木村のご紹介

長野県の信州最南端に位置する村の一つ売木村は、隣接する愛知県の最高峰の「茶臼山」と、売木峠や新野峠など周囲に4つの峠がある盆地で、まさにふるさとののどかな原風景という言葉がぴったりの自然環境豊かな村です。茶臼山高原をはじめ豊かな森林資源に恵まれた村は、江戸時代にはろくろを用いてお盆やお椀などを作る盆木地師が活躍していた場所でした。この地域ではお米の代わりとして、年貢に「くれ木」を納めていたと言われています。昭和の初めごろまで炭焼きも盛んに行われていた時代背景から、うるおう木の村であったことが現在の村の名前にも由来しています。隣接する愛知県をはじめ中京圏の別荘地にもなっていた売木村では、昭和50年頃から山村留学や自然休養村の事業といった都市部との交流の場を積極的に設けることに力を入れてきました。平成に入り、村には山里の魅力を体感できる観光スポットとして、美しい星空を見上げながらキャンプができる南信州広域公園の「うるぎ星の森オートキャンプ場」や、旅の疲れも癒してくれる温泉施設もオープンし、賑わいを見せています。美しい自然を望むことのできる露天風呂が人気の天然温泉施設「こまどりの湯」をはじめ、山里ならではの山の幸を堪能できる料理と温泉が楽しめる「ささゆり荘」、日帰り入浴もできて、いろり料理や大きな露天風呂が自慢の森の宿「湯元遊星館」といった充実した施設が揃っています。村の特産品には、寒暖差のある気候とたくさんの日差しを受ける豊かな山里の環境の下で栽培されたトマトやみょうが、とうもろこしなどの農作物、旨味が詰まった味が自慢の「うるぎ米」や伝統的な手法で仕上げた「はざかけ米」があります。また雑穀を使用したたかびきまんじゅうや、うるぎ米を使ったホクホクの食感がたまらない米コロも人気を集めています。

売木村がおすすめする人気の特産品・返礼品

売木村では、地元の綺麗な空気と美味しい水で栽培された旬の味覚を中心とした特産品の返礼品がおすすめです。中でも人気なのは旨味と甘みが詰まった味が特徴の「うるぎ米」、トマトやトウモロコシなどの高原野菜、新鮮なリンゴを使って作られたリンゴジュースです。地元の魅力を体感できる体験型の返礼品には、人気の温泉施設「こまどりの湯」の温泉券も用意されています。また村のゆるキャラ「うるのすけ」グッズのセットや、ウルトラマラソンランナーの重見高好氏がデザインしたTシャツなど、村の特色を活かした物もおすすめです。

売木村のふるさと応援寄附金の使い道

皆さまからお寄せ頂いた応援寄付金は、売木村の基金に積み立てられ、寄付の際にご指定頂いた事業に使われます。1.村の豊かな自然を守るための環境保全事業、および村の経済を支える産業のさらなる発展に関連する事業、2.村民が健やかに生活するための福祉や医療の充実に関連する事業、3.村民の生涯学習、文化およびスポーツの振興に関連する事業、4.未来を担う次世代の子ども達とその家族に向けた子育て支援、および教育の振興に関連する事業等の中から寄付金の活用先をご指定ください。

長野県 売木村の返礼品ページ

長野県 売木村のホームページ
http://www.urugi.jp/g/g-kifukin.html