長野県 塩尻市のふるさと納税のご紹介

長野県 塩尻市のご紹介

塩尻市は、長野県の中部にある人口が67,000人の市です。松本市や伊那市、木祖村などに隣接された市で東京からのアクセスは長野自動車道を利用し、塩尻インターを下ります。電車は特急を利用し、2時間40分ほどでJR塩尻駅に到着します。松本空港が近くにあるので羽田空港や千歳空港からも利用することができます。塩尻市の観光スポットで常に上位に挙がっている一つが、奈良井宿です。旅館や民宿があるので泊まることも出来ますし、観光として日帰りでいらっしゃることもできます。昔ながらの宿場町がイメージできる造りになっていて史跡巡りをしている観光客の方にも人気が高いスポットです。五平餅やおやきなどのご当地名産品を散策しながら食すことができます。お土産コーナーもありますので一度に全部済ますことも可能です。ご家族連れにはチロルの森がおすすめになっています。子供が遊ぶのに最適な施設となっていて馬に乗って遊んだりする乗馬体験ができたり、動物にエサをあげることもできます。また、自家製のソーセージや、窯で焼いたピザなどが食べられる食事処のご用意もありますので一日通して遊ぶことができます。塩尻の名産品には、馬刺しや山賊焼き、五平餅などがあります。山賊焼きは、B級グルメとして有名です。にんにくが効いたタレに鶏肉を付け込んでから揚げにしたものでキャベツと一緒に食す塩尻の郷土料理となっています。山賊焼きは各店で味付けが様々にあり食べ歩きをして楽しむこともできます。

塩尻市がおすすめする人気の特産品・返礼品

ふるさと寄付の担当者がおすすめしている、塩尻市の返礼品は、特産品である塩尻産のプレミアムワインです。種類も複数あって好みのものが選べるところに人気もあります。SEIKOやEPSONの時計も人気があります。世界で初めてのGPSを使用したソーラーウォッチが返礼品としてあります。食べ物では、信州産のソバの実を使用した更科ソバがあります。瓶入りのそばつゆもセットになっていてギフトや年越しそばなどに選ばれています。他には山雅FCサポーターのための応援グッズなども用意があります。

塩尻市のふるさと応援寄附金の使い道

塩尻市は地域ブランドの構築を推進して、市の魅力を向上し定住人口を増やすために寄付金を充てています。例えば特産品でもあるワイン、その原料となるぶどうのPRや伝統工芸品の木曽漆器をPRするために利用したりしています。また、子育て世代が多い塩尻市なので安心して子供を産み、そして育てられる環境づくりにも寄付金を使用しています。例えば、保育所の運営費に充てることで子育てと仕事が両立できる環境が作れるようにしています。

長野県 塩尻市の返礼品ページ

長野県 塩尻市のホームページ
http://www.shiojiri-brand.jp/furusato/