長野県 木曽町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

長野県 木曽町のご紹介

木曽町は長野県の南西部の場所にあり、県内での町村では最大の面積を誇りその大きさは約476キロ平方メートルにもおよんでいます。また全体の面積の約90%を山林が占めており、大自然を満喫できる緑豊かな山間の町です。現在の木曽町は、平成17年11月旧の木曽福島町、開田村、日義村、三岳村の4町村が合併し誕生しました。

町の西川には木曽御嶽山があり、東側には中央アルプス木曽駒ケ岳など大きな山々に囲まれた地形が特徴です。町内の景観では中央に木曽川が流れていて、その流域に沿うような形で国道19号線とJRの中央本線が通っています。また、木曽町全体として、夏場と冬場や昼夜においての寒暖の差が激しい内陸性気候に分類され、四季折々でその表情を変化させる自然風景が生活環境や人々の暮らしやを支えています。

人口は約11,000人で、町内には市町村合併以前からの名所や旧跡、観光スポットなどがたくさん存在しています。旧跡としては日本4大関所の一つである福島関所跡や中山道上の段、山村代官屋敷跡などから歴史を感じられ、観光スポットとして標高3,000メートルを超える雄大な御嶽山を中心とした御嶽ロープウェイスキー場やきそふくしまスキー場など、4つの大型スキー場があり年間を通じて楽しめる地域となっています。

また、旧の木曽福島地域では日本の水の郷百選に選出されており、きれいな水として人気が高く、その水を利用した農作物の栽培や加工品など観光客の方達から高い人気を得ています。

木曽町がおすすめする人気の特産品・返礼品

木曽町では、寒暖差の激しい気候を利用し大自然の中で育まれた野菜や果物、きれいな水を利用し生育された品が人気の商品となっています。
その中でも注目の商品は、地域のきれいな水で育成された「コシヒカリ」や、その地域のコメと水を使用し醸成された日本酒や清酒、純米酒などです。
また長野県の特産品として有名な信州そばもおすすめの一品で、生めんの食感が味わえる「霧しなの生そばセット」や「霧しなのそばギフト水芭蕉」などが返礼品として高い人気を誇っています。

木曽町のふるさと応援寄附金の使い道

阿智村では皆様からの寄附金を地域の産業振興や文化遺産の保護、未来を担う子供たちの育成など様々な事業の発展へと活用しています。
また、応募の際次の事業の中から選ぶことができ、選択の無い際には市の判断のもと適切な事業発展へと活用されます。
1.里づくり事業、2.人づくり事業、3.ものづくり事業など
使途を指定しない寄附も受け付けており、両親を支援したい、図書や蔵書を増やしたいなど自由な意見も受付し反映できるよう取り組んでいるようです。

長野県 木曽町の返礼品ページ

長野県 木曽町のホームページ
https://furusato.town-kiso.com/

SNSでもご購読できます。