宮崎県 諸塚村のふるさと納税のご紹介

 

宮崎県 諸塚村のご紹介

諸塚村は、宮崎県の北部にあり、東臼杵郡に属しています。県内陸部の九州山地に位置していて、全体が山地です。面積あたりの林道の密度は日本一の高さです。東臼杵郡美郷町、椎葉村、西臼杵郡日之影町、高千穂町、五ヶ瀬町に隣接しています。平成29年11月1日現在の人口は1,645人です。最寄りの空港は熊本空港または宮崎空港で、最寄りの駅日向市駅です。車でアクセスする場合の最寄りのICは九州自動車道御船ICと東九州自動車道日向ICです。

村内には1932年に国道327号線(元は県道)が日向市から諸塚まで開通しており、この道路は百万円道路と呼ばれています。この道路が開通したことをきっかけとして、それまで西臼杵郡に所属していたのが東臼杵郡に変更されました。諸塚には、「やま学校」と題する、山で遊ぶプログラムが行われています。やま学校定例コースは、年間8回にわたって行われる1泊2日の定期ツアーです。季節ごとの山村の暮らしを体験して、その時期に美味しい味覚を頂きます。やま学校フリープランは、自分の希望の日に合わせてフリープランでむらコンシェルジュがプログラムを立ててくれるプランです。
学校や教育機関向けの「環境を学ぶ旅」では、しいたけ栽培や畜産などの仕事体験や郷土料理作り体験、農家民宿での生活体験が行えます。

池の窪グリーンパークは標高800mの場所にあり、夏も涼しく、ログハウスや喫茶や食事が楽しめるお休み処、パターゴルフ場、芝生広場、アスレチック場、遊歩道など、自然を生かした施設があります。

諸塚村がおすすめする人気の特産品・返礼品

諸塚村のおすすめのふるさと納税の返礼品は、村の特産品である乾しシイタケのどんこです。肉厚で笠の部分の花模様が美しいです。煮物はもちろん、じっくり戻してステーキも人気のある食べ方です。焼酎愛好家でもなかなか手に入れることが難しい園の露30度、藤の露古酒を含めた園の露と藤の露のセットは、お酒好きな方に喜ばれる品です。自然養蜂したニホンミツバチのはちみつは、ミツバチ達から年に1度だけ分けてもらえる貴重なはちみつです。

諸塚村のふるさと応援寄附金の使い道

諸塚村に寄せられるふるさと納税の寄附金は、以下の7つの使い道のうちから納税者がその使途を選ぶことができます。
1.少子高齢化が進む村で、安心して子育てができる環境と高齢者の方が元気で暮らせるようにするための事業、2.若者の定住を促進し、林業の後継者を育てるための事業、3.林業、椎茸、お茶、和牛を基幹産業として、互いに補い合いながら生産していく複合経営農林業を推進するための事業、4.棚田や森林の美しい景観や環境を維持するための事業、5.教育や文化を振興して心身が健康でいられるための事業、6.集落で伝承されてきた伝統芸能を保存、継承していくための事業、7.その他、地域を活性化するための事業に使われます。

宮崎県 諸塚村の返礼品ページ

宮崎県 諸塚村のホームページ
https://www.vill.morotsuka.miyazaki.jp/furusatonouzei/

SNSでもご購読できます。