京都府 宇治市のふるさと納税のご紹介

 

京都府 宇治市のご紹介

京都府南部にある市で、人口は約188,000人で男性約91,000人女性約96,000人で府内では京都市に次いで宇治市が2番目です。面積は26㎢です。
平等院などの文化財が多く存在していて、宇治上神社や宇治公園の中にある浮島十三重石塔があります。平等院の鳳凰堂は10円玉の表面に描かれていますし、一万円札の裏には鳳凰像が描かれています。この他にも、切手には平等院の文物が取り入れられています。

平等院にはJR奈良線宇治駅と京阪電鉄宇治線宇治駅が最寄り駅でどちらも徒歩10分程度で行くことができます。
宇治上神社はユネスコの世界遺産に登録されています。京阪電鉄宇治線宇治駅から徒歩10分JR奈良線宇治駅からは徒歩20分で行くことができます。

特産品である宇治茶は有名であります。この宇治茶は京都府、奈良県、三重県、滋賀県、で生産されていますが、開発などで茶農地は減っていますが、京都の業者が京都府内で宇治由来の製法で加工したものです。

京都市や滋賀県大津市と隣接しており、JRや近畿日本鉄道や京都市営地下鉄で行くことができます。京滋バイパスという高速道路が通っている為車でのアクセスがいいです。京滋バイパスは名神高速道路に接続しているので、名古屋方面や神戸方面に簡単に行くことができます。

公立の学校では水道の蛇口から宇治茶がでてくるという「茶のみ場」が設置されており、お茶に含まれているカテキンが入っているなど食育や地元の産業や農業の勉強に役に立っています。

宇治市がおすすめする人気の特産品・返礼品

返礼品として、特産品である宇治茶のセットや茶碗や菓子類や旅館の宿泊券が人気ですが、宇治市ならではと思われるものに、コントラバスとチェロという弦楽器がもらえるのは面白いです。50万円以上でもらえます。プロの演奏家や学校の備品として購入するくらいで、なかなか自分では買うことがないものです。持ち運びが大変ですが、音楽に興味がある方、クラシックが好きな方、子供が吹奏楽をやっている方にはおすすめしたいです。

宇治市のふるさと応援寄附金の使い道

宇治市のふるさと応援寄付金は、まちづくり、歴史的遺産の保護と活用、宇治茶の普及、観光振興、子育て事業に使われます。どれかを選択することができますが選択せずに寄附をすることもできます。寄付金控除が受けられるし、手続きが簡略化されたので、以前に比べたら寄附がしやすくなっています。総務省のホームページ内にあるふるさと納税ポータルサイトを参考にしてみてください。確定申告をする場合寄付金受領証明書などの準備が必要です。

京都府 宇治市の返礼品ページ

京都府 宇治市のホームページ
http://www.city.uji.kyoto.jp/0000001259.html

SNSでもご購読できます。