京都府 向日市のふるさと納税のご紹介

京都府 向日市のご紹介

向日市は、京都府にある人口約55,700人の市です。隣接する自治体には京都市と長岡京市があり、アメリカのサラトガ市と中国の杭州市と姉妹都市提携をしています。国内では同じ京都府の綾部市と京都市があります。
市内の中心となる駅には向日町駅がありJR西日本の東海道本線JR京都線からアクセスすることができます。阪急電鉄、京都本線には東向日駅と西向日駅があります。
他には京都市南区内にある桂川駅が近くにあります。市内には東海道新幹線が通過していて、京都駅と新大阪駅の間に位置しています。
車でのアクセスは名神高速道を利用します。ただ、名神高速道路にはインターチェンジが無いので京都南ICか大山崎ICを利用してアクセスをするのが一般的です。

観光地は、養老2年に創建された向日神社や西国道街にある一文橋、桓武天皇皇后陵など他にも数多くありますが、向日市から京都市までの距離が近いこともあり市内に宿泊する施設は一つもありません。

また、平成21年から集客と町おこしの一貫として京都激辛商店街というものも行っています。娯楽施設として京都向日町競輪場があり、週末ともなればにぎわいをみせています。

市の特産品にはたけのこがあります。市で獲れる竹の子は90%以上がモウソウ竹という肉厚で歯触りがとても良い最高品質のものです。その中でも、白子という皮が白くなっている竹の子は竹の子の中でも最高級品としてみなさまから親しまれています。

向日市がおすすめする人気の特産品・返礼品

向日市の返礼品は、特産品でもある竹の子の佃煮が人気となっています。竹の子の佃煮以外にも、向日市の観光協会がおすすめする特産品を返礼品として送付しています。また、50,000円以上の寄付金では、旬の季節であれば特産の竹の子そのものが送付されます。
他にはお土産品としても多くの方に親しまれていて人気がある竹工芸品のご用意があります。竹の子は旬の時期でも竹の子以外の物を希望すれば代用品として他の返礼を送ってもらうことができます。

向日市のふるさと応援寄附金の使い道

向日市のふるさと応援寄付金は、5種類の各事業へ活用するために寄付をした方が選べるようになっています。文化と市民のスポーツを振興する事業、社会福祉に携わる事業、都市の基盤を整備するための事業、それ以外にも市長が使い道を一番使いたいところ、一番寄付をしてもらいたいところの事業に送られる、という選択もできます。この事業の中以外でも自分で事業先を選んで寄付を行うことができるところも納税者の方たちに喜ばれています。

京都府 向日市の返礼品ページ

京都府 向日市のホームページ
http://www.city.muko.kyoto.jp/kurashi/shisei/furusato/1449541467889.html