熊本県 多良木町のふるさと納税のご紹介

熊本県 多良木町のご紹介

多良木町は、熊本県の南部に位置し、球磨郡の東部にあたり、中央地区は平坦な地形で、南部と北部は九州山脈から形成された森林で覆われている、人口約9800人の町です。八代海に注ぐ清流球磨川が流れ、町の80パーセントを山林が占めているため、農林業が発達しています。数多くの文化遺産がある多良木町ですが、中でも人吉・球磨地域の「臼太鼓踊り」は源平合戦等を表現したものとされ、代々その地域の長男に口伝され、稽古の際には見張りを立て、他の組に技を盗まれぬよう踊られてきた歴史的な文化遺産です。また、元々は十五夜行事として明治の頃にはすでに踊られていたとされる「上槻木太鼓踊り」、上品な唄と3列縦隊で両側が6尺棒、真ん中が鎌を持ち踊る「棒踊り」、ジャンケンの起源と言われる「球磨拳」も江戸時代から受け継ぐ貴重な文化遺産で、現在も民族芸能として継承されています。町の豊かな自然を満喫できる観光名所のひとつに、「妙見野自然の森展望公園」があります。春には満開の桜が咲き誇り、展望台から眺める景色はとても気持ちの良い絶景スポットです。また、季節の移ろいとともに、水仙や紫陽花等色とりどりの花々、秋には見事な紅葉が楽しめ、普段の忙しい日々を忘れられる癒やしの観光名所です。平成18年7月の豪雨の際、土砂の中から突如出現した「千年の目覚め平成悠久石」は直径が140センチメートル、重さは4トンにもなる巨大な石で、多良木町下槻木にある御大師堂に鎮座する姿は圧倒的な迫力と自然の神秘を感じる必見の観光スポットです。豊かな大地の恵みと清らかな水資源を生かし、農産や畜産が盛んで、甘みと爽やかさが融合した自慢のメロン栽培や、球磨産の黒毛和牛、町産の竹・木を使用し手作りした竹あかり、球磨産米のひのひかり等の名産品も人気があります。

多良木町がおすすめする人気の特産品・返礼品

多良木町の特産品でもあるメロンが好評ですが、爽やかな甘さとなめらかな舌触りが特徴のネットメロン(タカミ)や、生産者が厳選して選び、大満足の美味しさが自慢のアンデスメロン、熊本が発祥と言われるホームランメロンは人気の返礼品です。昔ながらの伝統製法を守り、常圧蒸留と長期貯蔵により独特のコクを引き出し、深い旨みの「焼酎球磨の泉」も人気があります。また、球磨の豊かな大地でのびのびと飼育され、柔らかい肉質と甘みの「球磨産黒毛和牛」もおすすめの返礼品です。

多良木町のふるさと応援寄附金の使い道

多良木町へ頂いた皆様からの寄付金は、次の7つの事業の中からお選び頂くことが出来ます。まず、障害者や高齢者の生活支援や地域ボランティア活動及び住民の自治活動の維持、子どもたちの健全な育成、町民の文化・スポーツ活動の推進、森林の保全、歴史・伝統文化の伝承及び保全、水源涵用林の取得・保全、その他のまちづくり、に大切に有効活用させて頂きます。尚、ご指定のない場合は、多良木町ふるさと応援寄附条例に基づき、町長が必要と判断した事業へと大切に活用させて頂きます。

熊本県 多良木町の返礼品ページ

熊本県 多良木町のホームページ
http://www.town.taragi.lg.jp/gyousei/furusato_nouzei/index.html