高知県 津野町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

高知県 津野町のご紹介

高知県の中西部にある津野町は、北は佐川町と仁淀川町、越知町、愛媛県久万高原町、西は梼原町、南は四万十町と中土佐町、東は須崎市と接しているまちです。四国山地に抱えられている急峻な地域となっており、約90%が山林で占め、農地や宅地の面積は低くなっています。葉山地域には中央部を東西に清流新荘川、東津野地域には東側が不入山の源流となっている清流四万十川、中央部には北川が流れ、どの地域にも川沿いに集落が存在しています。人口は5,797人、アクセス方法は、須崎東ICから約20分、高知ICから約55分、松山ICから約2時間20分となっています。四万十川の源流点としても有名であり、四国カルストの東に聳えている「天狗の森」は、「森林セラピーロード」に認定され、美味しい空気と四季折々の山の表情を楽しみながら森林浴や癒しを求めて多くの方が訪れています。また1,400m級の山が連なっている四国カルスト天狗高原から眺める星空は圧巻で、冬には日本で数カ所でしか見ることができないという、南十字星「ガクルックス」を見ることができます。そんな天狗高原の緑と四万十川源流水が育んだ手造り味噌の「天狗高原みそ」、四万十川源流で育てられた一番茶の「四万十川源流茶(上級煎茶)」、四万十川源流域で育った質の良い茶葉をたっぷりと使ったほうじ茶大福の「満天の星大福」など、清流四万十川の恵みがたっぷりと詰まった特産品が豊富にあります。

津野町がおすすめする人気の特産品・返礼品

津野町の人気の返礼品は、四万十川源流域で丁寧に作られた美味しい「棚田米」です。品種はヒノヒカリで、冷めても美味しいと評判です。また高知県原産土佐地鶏とアメリカ産ロードアイランドレッド種を掛け合わせた「土佐ジロー卵」、その卵を使用したクリームパンやカスタードプディングも人気となっています。おすすめの返礼品は、四万十川源流域となっている津野山で獲れた上級煎茶と、お茶を使用した豆菓子、棚田米をセットした「津野山特産品セット」、四万十川源流点の直近の僅か数百mでしか生育しない珍しい「幻の川海苔せいらん」となっています。

津野町のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は、幼児教育や学校教育の充実、住民自治体の育成と支援、津野町を担う人材を育成する「人づくり事業」、地域に根差した商工業と農林業の振興、企業誘致、風と水と森を取り入れた観光レクリエーションの振興の「働き場づくり事業」、四万十川と新荘川の自然環境の保全と定住環境と衛生環境の整備、上下水道施設の整備、消防と防災、交通安全の推進の「環境保全事業」の3つの中から、活用先を選んでいただくことができます。

高知県 津野町の返礼品ページ

高知県 津野町のホームページ
https://town.kochi-tsuno.lg.jp/kurashi/furusato