高知県 東洋町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

高知県 東洋町のご紹介

まちの大半が山林となっており、室戸阿南海岸国定公園内にある東洋町は高知県の東端にある人口2500人ほどの小さな町です。昔はカツオ漁や捕鯨も行われていましたが、近年は沿岸漁業が主とし、まちの産業は水産業が中心となっていますが、林業や果樹栽培にも盛んとなっています。太平洋側にはリアス式海岸が広がり、絶好の釣り場として地元だけでなく関西方面からの釣り客も多い東洋町ですが、夏場には遠浅の美しい海岸として県内でも有数の海水浴場と知られる白浜海水浴場も人気のスポットとなっており、キャンプ場やホテルもある白浜海水浴場周辺はシーズンともなると毎年多くの海水浴客で賑わいをみせています。また、西日本有数のサーフィン場としても知られ、過去にはサーフィンの世界大会も行われたことのある生見海岸では、年間約10万人もの人がサーフィンやボディーボードを楽しむため全国各地から訪れているほか、自然豊かな町内には『四国のみち』といわれる行程約36キロメートル、高低差約1000メートルの歩道「野根山街道」があります。野根山街道は高知県の東部にある東洋町と奈半利町を結ぶ尾根伝いの街道で、四国百名山にも選ばれており、高知県内でも人気のハイキングコースとなっています。その他にも、町では毎年4月には神輿とだんじりが町内を練り歩く「春祭り」、9月には大漁旗をなびかせた船のパレードが壮観な「トントコ祭り」が行われているほか、県の無形民俗文化財にもなっている「ひよこち踊り」も3年に1度開催されています。

東洋町がおすすめする人気の特産品・返礼品

東洋町を代表する特産品である「完熟ポンカン」は潮風に揉まれ、旨みも甘みもぎゅっと詰まっており、ふるさと納税の返礼品としても人気の高い商品となっていますが、東洋町近海の穏やかな湾で育ったぷりっぷりで旨みもたっぷり詰まった最上級養殖牡蛎が堪能できる「牡蛎ざんまい(活け)セット」や、天然&産地直送で鮮度も抜群の「活伊勢海老」、地元甲浦港で水揚げされた脂がたっぷり乗った「金目鯛」も絶品で、おすすめの返礼品となっています。

東洋町のふるさと応援寄附金の使い道

東洋町へ寄せられたふるさと納税の寄附金は、東洋町の自然環境を活かしたまちづくりのため、下記の事業にて有効に活用させて頂きます。1東洋町の子ども育成事業への活用、2子育て環境整備事業への活用、3市民と行政が協働できるまちづくり促進事業への活用、4健康づくり促進事業への活用、5財政基盤の強化とまちの活性化促進事業への活用、6農業・観光の振興促進に関する事業への活用、7快適な住環境整備と環境にやさしいまちづくりに関する事業への活用をしています。

高知県 東洋町の返礼品ページ

高知県 東洋町のホームページ
http://www.town.toyo.kochi.jp