高知県 越知町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

高知県 越知町のご紹介

四国の屋根といわれる石鎚山系の山々に囲まれた越知町は、平安時代の末期ころから約6年間にわたって起きた大規模内乱・源平合戦後に、安徳天皇が逃れてきたという伝説も残るまちとして全国的にも知られています。高知県中部に位置する人口約5800人の小さなまちですが、町の中央には水質日本一を誇り奇跡の清流とも呼ばれている「仁淀川」が流れているほか、町のシンボルにもなっている「横倉山」は日本でもっとも古い地質といわれており、今でも約4億3千万年前の化石が数多く発掘されて、学術研究の地としてもとても貴重な山となっています。また、仁淀川ではカヌーやラフティング、横倉山ではトレッキングと越知町では自然を活かしたまちづくりにも力を入れているほか、仁淀川の河川敷では毎年秋になると秋の宮前公園では『越知町コスモスまつり』も開催されており、2ヘクタールもの広大な敷地には色とりどりのコスモスが咲き乱れ、県内でも有数のコスモスの名所として多くの人が足を運ぶスポットとなっています。その他にも、町内にはプロ野球の独立リーグである四国アイランドリーグplusの「高知ファイティングドッグス」の練習場もあり、シーズン中には公式戦も行われ多くの人が観戦に訪れています。自然に恵まれた越知では、ピーマンや生姜などの露地野菜をはじめ、文旦や新高梨など農業が盛んなまちですが、中でも香りが高いお茶は特にまちを代表する名産品となっています。

越知町がおすすめする人気の特産品・返礼品

水質日本一に選ばれた仁淀川流域の綺麗な水と南国高地の太陽の光をたっぷり浴びて育った「仁淀ブルーの恵みおち米」や、越知町産の旬の野菜の詰め合わせセット「越知町産季節の野菜セット」は返礼品の中でも特に人気のある商品となっていますが、高知県内の10自治体が協力しておすすめする高知県のうまいもんが毎月楽しめる「高知のうまいもんまるごとセット」も1回の寄附で越知町をはじめ、安芸市や四万十市など10のまちの特産品が月ごとに楽しむことができるのでおすすめです。

越知町のふるさと応援寄附金の使い道

越知町へ皆様からいただいたふるさと納税の寄附金は、5つの事業から選んでいただきます。1産業や経済、観光づくりに関する事業への活用、2防災の強化に関する事業への活用、3教育の充実・青少年健全育成に関する事業への活用、4スポーツ振興に関する事業への活用、5その他町長がまちづくりに必要と認める事業への活用に越知町の自然環境の保全や観光・歴史・地場産業の振興、次世代を支える子どもたちのため、下記の5つの事業にて有効に活用させて頂きます。

高知県 越知町の返礼品ページ

高知県 越知町のホームページ
http://www.town.ochi.kochi.jp/yakuba/soumu/info/hurusatokihukin.htm