鹿児島県 薩摩川内市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

鹿児島県 薩摩川内市のご紹介

薩摩川内市は、本土側は鹿児島県の北西部と、本土から西に約40kmに位置する甑島列島によって構成されており、鹿児島県最大の面積を誇ります。本土側の中央部には、川内平野が広がっており、中央部を東西にかけて、九州で2番目の流域面積を誇る川内川が流れています。また、市の東部には、ラムサール条約に登録された藺牟田池があります。人口は94,622人で、鹿児島県で4番目の人口の多さです。市の南部に位置する樋脇町で行われる「市比野よさこい祭り」では、毎年県内外から集まった約70チーム1,000人の踊り子たちが、華麗なよやさこいを踊ります。市比野には、薩摩藩第2代藩主島津光久が「天下の名泉」と称した市比野温泉があり、市比野よさこい祭りを見た後に、温泉を楽しむ子ができます。薩摩川内名物として有名なのが、「ちんこだんご」です。「しんこ」は新しい粉という意味で、新米の粉だけを使って作られたことから名づけられた説など、名前の由来には諸説あります。「ちんこだんご」という名前のせいで、小学生によく「ちんこだ」といわれることが多いので、「しんこだんご」という名前で販売している店もあります。「ちんこだんご」は、うるち米100%で作られており、しょうゆベースの味付けになっています。甑島の海は一年中透明度が高くマグロの養殖に適しているため、ニッスイのグループ企業が、独占的にマグロの養殖を行っており、安心・安全なマグロを市場に流通させています。甑島のマグロは、天然物よりもおいしいと評判です。

薩摩川内市がおすすめする人気の特産品・返礼品

鹿児島の特産品である黒豚が人気で、黒豚赤ワイン漬け、黒豚ロース味噌漬け、焼き肉、しゃぶしゃぶ、ハンバーグ、角煮まんじゅう、とんかつなどバラエティーに富んだラインナップになっています。また、豚肉だけでなく、甑島列島で取れた海産物も豊富で、年間を通して透明度の高い海で養殖された本マグロや甑島の海と潮風で味付けした海上天日干しの乾物セットなどもおすすめです。他にも、全国一の竹林面積を誇る鹿児島で一つずつ作り上げられた鬼おろし、川内水系の清水で育ったうなぎ、安納芋を使って作られた安納芋プリンなどもおすすめの返礼品です。

薩摩川内市のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から鹿児島県薩摩川内市にお申込みいただいた寄付金は、皆様のご希望の事業に活用することができます。以下の4つの事業の中から選択することができます。1.雇用政策(地域産業の活性化と職場環境づくりなど)、2.子育て支店政策(子供を持ち、育てやすいサービスの充実など)、3.移定住製作(定住しやすい制度の充実と大学との連携による人材創出など)、4.地域づくり政策(安全・安心な住みやすい地域づくりの実現など)に活用させて頂きます。

鹿児島県 薩摩川内市の返礼品ページ

鹿児島県 薩摩川内市のホームページ
https://satsumasendai.gr.jp/feature/furusato-nozei-satsumasendai/