鹿児島県 出水市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

鹿児島県 出水市のご紹介

出水市は鹿児島県の北西部にあり、ツルが渡来する土地として有名です。九州新幹線の停車駅でもあります。毎年1万羽のツルが10月中旬から12月にかけてシベリアから渡来してきます。そのツルたちは、3月頃まで停留しているのです。羽ばたく姿は圧巻で特別天然記念物に指定されています。羽ばたく姿で最もすばらしいと言われるのは、朝6時半から7時頃にツルが起きてエサを求めていっせいに飛び立つ姿はとても優雅です。ツル達が停留しているそばに「ツル観察センター」があって、展望台から見ることができます。江戸時代には、薩摩藩の「外城」として栄え約150戸の武家屋敷が今も残っています。周りの情景は風情があるので観光するときには、「観光牛車」に乗って景色を楽しむことがおすすめです。中でも「出水麓」は、薩摩藩最大級の外城で平成29年5月にオープンした歴史館は、ジオラマや古文書などが展示されていて子供から大人まで当時の生活や文化を学ぶことができます。食べ物では、鶏肉や鶏卵の生産量が日本で2番目に多く、たまごかけご飯に合うタレや、鶏肉ステーキなど町全体で盛り上げています。ほかにも日本一を誇ることができるものがたくさんあって、「箱崎八幡神社」の神門には、日本で1番大きな鈴が釣り下がっています。大願成就の鈴と言われているので受験など人生を左右するような大きなお願いごとをすると叶えてくれるかもしれません。このように日本一として誇れるものが多くあるのです。

出水市がおすすめする人気の特産品・返礼品

鹿児島県出水市のおすすめするふるさと納税返礼品は、日本一がいっぱいある出水市ならではの特産品です。健康に気をつかう人には、「いずみ伝統食セット」がよいです。有名な鶏だしの効いた素など発酵食品を味わうことができます。「山水米」は、ツヤと風味があり、粘りが特徴のお米で年間通して安定した美味しさを楽しむことができると人気なのです。「マルイの輪」は、特別なエサで育った臭みの少ない卵で卵かけご飯にしたら絶品なのです。

出水市のふるさと応援寄附金の使い道

鹿児島県出水市へいただいたふるさと納税の寄付金は4つの事業から使途を選ぶことができます。1.キレイな海、川などの環境や自然を保全する事業、2.出水市に住む未来を担った子供たちやその親御さんたちへ支援する事業、3.日本一のツルの渡来地や武家屋敷など観光地として大切な土地を守るための事業、4.総合医療センターへの支援や企業誘致や雇用の対策のための事業、となっています。出水市がこれからも活気に溢れるまちになるように皆様からの寄付金を活用させていただきます。

鹿児島県 出水市の返礼品ページ

鹿児島県 出水市のホームページ
http://www.city.kagoshima-izumi.lg.jp/shisei/furusato/index.html