香川県 東かがわ市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

香川県 東かがわ市のご紹介

東かがわ市は、香川県の東端、徳島県鳴門市と接した、阿讃山脈と瀬戸内海に囲まれた人口約3万人の小さなまちです。年間を通じて比較的晴天の日が多く、降水量も少ない温暖な気候に恵まれており、いろいろな農産物が実る東かがわ市は、地場産業にも力を入れており、手袋の生産量は全国シェアの約9割を占めています。

市内には、本尊の木造聖観音堂が重要文化財に指定されている「釈王寺」や、日本の白砂青松100選の一つにも選ばれている松原がある「白鳥神社」、天然記念物に指定されている「鹿浦越のランプロファイヤ岩脈」、安土桃山時代より始まった醤油製造で栄えた古い町並みが今なお残る「引田の街並み」、標高3.6mと自然の山としては日本一低いとされている「御山」など数多くの観光名所があります。

また、町おこしの一環として2003年より毎年2月末から3月3日まで開催されている「引田ひなまつり」では、江戸時代のものから現代のものに至るまで、創作雛人形から地元の保育園児が作った雛人形までさまざまな種類の雛人形を見ることができ、2009年に開催された第7回引田ひなまつりでは約90軒が参加するなど今やまちを代表する一大イベントとなっています。

その他にも、市内にはホワイトタイガーをはじめ、ライオンやヒツジ、サル、犬など約50種類300頭が展示されている「しろとり動物園」もあり地元でも人気のスポットとなっています。園内では小動物と触れ合える広場があり、猛獣ショーやホワイトタイガーとの記念撮影会も行われています。

東かがわ市がおすすめする人気の特産品・返礼品

香川県の特産品でもあるオリーブから抽出された瀬戸内産100パーセントEXVオリーブオイルと、今話題のえごま油・あまに油の詰め合わせ「瀬戸内果実・えごま油・あまに油 ギフトセット」は女性を中心に人気の返礼品となっています。
他にはオリーブを与えきめ細かく柔らかい肉質の香川県の特産品黒毛和牛「オリーブ牛(金レベル)スライス肉」や、種が無く、果皮がとても薄く丸ごと食べられる香川県産の「瀬戸ジャイアンツ」も返礼品として人気のおすすめ商品となっています。

東かがわ市のふるさと応援寄附金の使い道

香川県東かがわ市へふるさと納税で皆寄せられた寄附金は、寄附者が希望する使い道を選択し、それに従いふるさとのため、下記の事業で有効活用されます。
1.環境美化、2.里山の整備、3.福祉の充実(福祉バスの運行等)、4.こどもの医療費、5.図書館の整備、6.環境整備(文化財の保護等)、7.教育・文化の発展(学校の土曜日授業の運営等)、8.その他(寄附者が希望する事業)

香川県 東かがわ市の返礼品ページ

香川県 東かがわ市のホームページ
http://www.higashikagawa.jp/itwinfo/i2405/

SNSでもご購読できます。