茨城県 水戸市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/20

茨城県 水戸市のご紹介

水戸市は、日本の首都である東京から100キロメートルくらいの距離にあります。広大さで有名な関東平野の北東端に位置しており、茨城県の県庁所在市を担っています。水戸市の北側は那珂川を挟んで、ひたちなか市、那珂市に接しており、東側は大洗町に、南側は茨城町に、西側は笠間市、城里町に接しているという地域になります。水戸市の地形は主に3つの丘陵地域に分類され那珂川と桜川沿岸の沖層の水戸台地、低地地区と呼ばれる洪積層の台地地区、八溝山地の中央部の丘陵地区と三地形区で構成されています。また、市街のほぼ中心には日本三名園の一つにあたる偕楽園や千波湖をメインとして大規模な公園・緑地があり、豊かな自然の景観に触れ合う事が出来ます。日本の四季を感じられる穏やかな気候となっています。また、水戸と言えば徳川家由来の地である事も有名で、市内の様々な箇所で歴史的な建造物や著書、文化などを体験できる市でもあります。人口は約27万人、日本全国の課題である少子高齢化社会へとなりつつありますが市の取り組みとして中核市指定を目指しており、公務などの事務権限拡大による様々な市政事務手続きの容易化や市政サービスの拡充などを狙っています。特産品や名産品は水戸納豆やラーメン、時代劇でおなじみの水戸黄門にちなんだ品が有名で、市内でも様々な箇所で観光スポットが存在しています。また、定期的に「水戸のラーメンまつり」を開催していて県内外からラーメンの有名店が参戦、市内のB級グルメも堪能できるイベントなどを開催しています。

水戸市がおすすめする人気の特産品・返礼品

水戸市と言えば納豆やラーメンが有名ですが、ブランド牛として人気が上昇しおすすめの品が常陸牛で注目を集めています。一般のお店でも中々目に掛かれない希少部位である常陸牛のシャトーブリアンや牛フィレの赤身ステーキなど常陸牛をふんだんに使用した食材の人気が急上昇しています。また親善市である香川県のみかんやイチゴなどのフルーツからも返礼品をチョイス出来るバラエティにとんだ品揃えを用意しており、きれいな水で育った鰻の蒲焼きや白焼きなども特産品として有名です。

水戸市のふるさと応援寄附金の使い道

水戸市では、皆様から頂戴致しました寄付金を次のように使用させて頂きます。水戸市の発展のために、将来を担う子供たちを育む福祉や教育施策や施設の拡充を図ると共に、地域経済の活性化に役立てます。市の取り組みとして4大プロジェクト(新市役所庁舎、新ごみ処理施設、新市民会館、東町運動公園新体育館)を計画しており、皆様から集められた貴重な寄附金を、今後更に便利で豊か、住みやすいまちづくりに優先して使用させて頂きます。

茨城県 水戸市の返礼品ページ

茨城県 水戸市のホームページ
http://www.city.mito.lg.jp/001486/furusato/index.html