北海道 滝川市のふるさと納税のご紹介

 

北海道 滝川市のご紹介

滝川市は、北海道の空地地方の中心都市にある人口約41,000人の市です。隣接する自治体には砂川市や深川市、雨竜郡妹背牛超や樺戸郡新十津川町などがあります。周りの市町村よりも人口が多く中心都市として発展しています。NHK朝の連続テレビ小説で放送されたチョッちゃんの舞台になった市でその影響もあり市として有名になりました。石狩川の河川敷にはグライダーの飛行場が建設されています。町おこしとしてグライダーを多く広めています。滝川の地名の由来はアイヌ語で空知川の語源になっているソーラプチペッです。意味は滝のある川で、それを意訳し付けられました。市内にはJR北海道が通っていて函館本線や根室本線を利用し滝川駅で下車していただきます。車でのアクセスは、道央自動車道の滝川インターチェンジで下りていただきます。観光名所にもなっている滝川市美術自然史館にある化石でタキカワカイギュウは1980年に空知川で発見されたものです。ジュゴン・マニティなど海牛類の先祖と分かれる過程でとても重要な位置づけにあるという事が分かっています。他にはエネルギー対策で市内に人造石油株式会社が設立されました。近くの炭鉱から採れる石炭を液状にする人造石油の実験や研究、精製が行われています。地元の人はそれを人石と呼んでいます。現在では無くなりその跡地に陸上自衛隊の駐屯地や電力所があります。市の特産品には、北海道ならではのジンギスカンがあります。滝川のジンギスカンは味付けされたものを丼にしたジンギスカン丼で町おこしを行っています。

滝川市がおすすめする人気の特産品・返礼品

滝川市でおすすめの返礼品は北海道の職人さんが一つ一つ丁寧に手作りしたポーチや手帳ケース、ペンケースなどです。オリジナルの古担任ソフトレザーが使用されていてさわり心地、使い心地どちらも人気となっています。特産品でもある松尾ジンギスカンセットもおすすめです。ジンギスカンのお肉はもちろんですが、こちらのセットには鍋まで付いてきます。これ一つ頼めば本格的なジンギスカンが自宅でもできると皆さんに喜ばれています。お肉は一等の子羊から700グラムほどしか取れない上質なラムを使用しています。

滝川市のふるさと応援寄附金の使い道

滝川市では、寄付金を5つの事業から選べるようになっています。市長におまかせでは、他の事業が取り組んでいる以外の事業にも寄付が可能となっていて自分が寄付したいところを選べるようになっています。町づくり事業や、教育に関する事業、国学院大学北海道短期大学に関する事業、私立病院の医療環境を充実させるための事業などが他に挙げられます。教育に関する事業では未来を担う子どもの為に図書の充実や、外国語教諭の充実、子育て環境、就学前の子供の医療を無料にするなどさまざまな事業に充てられます。

北海道 滝川市の返礼品ページ

北海道 滝川市のホームページ
http://www.city.takikawa.hokkaido.jp/200soumubu/05zaisei/03furusato-nouzei/

SNSでもご購読できます。