北海道 登別市のふるさと納税のご紹介

北海道 登別市のご紹介

北海道の南西部に位置し、ひし形の形状となっている登別市は、南部は太平洋に面しており、海岸線はほぼ一直線となっています。東部は登別漁港とクッタラ湖付近で白老町と、北部はオロフレ峠と来馬岳付近で壮瞥町と、さらに西部は鷲別岬から鷲別岳に掛けて室蘭市や伊達市と接しています。人口は47,984人(2019年6月末現在)。アクセス方法は新千歳空港からは約1時間、札幌市から約1時間40分となっています。

全国でも有数の温泉天国である北海道の中でも、代表する温泉地であるのが登別温泉となっています。1日に1万トンもの自然湧出量があり、硫黄泉や鉄泉、食塩泉、明ばん泉といったさまざまな温泉が湧きだして、毎年多くの観光客が訪れています。
また、爆裂火口の跡である「地獄谷」は、登別温泉で最大の源泉エリアとなっており、15個ほどの源泉の穴が密集し、毎分約3,000リットルもの温泉が湧きだしています。

登別漁港をはじめとする3つの漁港では、季節によってさまざまな魚介類が水揚げされます。主要魚種のスケドウダラのほか、サケやホッキ、毛ガニ、イカなどの水産資源に恵まれています。

気候や土壌条件が良質な牧草を育てるため、酪農も盛んです。道内トップクラスの生乳を使用したアイスクリームやプリン、チーズといった乳製品の加工も行われています。特に地域限定牛乳である「のぼりべつ牛乳」は、ミルクの濃厚さと甘さを感じることができる抜群の美味しさを誇る名産品となっています。

登別市がおすすめする人気の特産品・返礼品

ウニやイクラ、タラコといった海産物が人気です。市場にあまり出回らない特産品の黒毛和牛「登別牛」、のぼりべつ牛乳を使用したチーズの製造過程ででたホエーで育った「のぼりべつ豚」、カロリーや脂肪分が少なめで女性にも人気が高い「登別産エゾシカジンギスカン」もおすすめです。また、日本でも有数の温泉地「登別温泉」の美容成分たっぷりの「フェイシャルパック」や「日帰り入浴券」など、温泉を楽しむことができる返礼品もあります。

極上エゾバフンウニ折詰100g[3回お届け] 寄附金額30,000円

極上エゾバフンウニ折詰100g[3回お届け] 寄附金額30,000円
北海道登別市

高級エゾバフンウニが3回届く贅沢な返礼品です。
提供元は、登別市の「うにの匠 マルヒラ渡邊水産」。北海道近海で獲れたウニを手作業でさばき、丁寧に詰め合わせて新鮮な状態のまま冷蔵便で発送します。発送は、10月上旬~11月下旬、2020年1月下旬~3月下旬、2020年4月上旬~5月下旬の3回。100gずつ届くので、たっぷりお楽しみください。

北海道産天然秋鮭 いくら醤油漬け250g 寄附金額10,000円

北海道産天然秋鮭 いくら醤油漬け250g 寄附金額10,000円
北海道登別市

北海道産の天然秋鮭の筋子を丁寧にほぐし、昔ながらの甘めの味付けが特徴のいくらの醤油漬けです。
粒が揃っていて食感が良く、濃厚でとても美味しい高級いくらが250g入った北海道ならではのふるさと納税返礼品。白いご飯にたっぷり乗せてお召し上がりください。

登別石水亭ペア1泊2食付「ダイニング処桜房」プラン 寄附金額100,000円

登別石水亭ペア1泊2食付「ダイニング処桜房」プラン 寄附金額100,000円
北海道登別市

登別石水亭は、登別温泉にある温泉宿。JR札幌駅や新千歳空港からの送迎もあり、アクセスの良い立地です。
自然をたっぷり味わえる景色の良いお風呂でゆったりくつろぎ、美味しいお食事をこころゆくまで楽しめる、人気の宿の1泊2食付ペア宿泊券の返礼品です。忙しい日常から離れて、極上の休日をお過ごしください。

登別市のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金は、昭和36年に建てられて老朽化が進んでいる市役所庁舎の新築、改築または大規模改修に関する事業、市民活動の促進に関する事業、安全で安心な市民生活の充実に関する事業、観光を始めとする地域経済の振興に関する事業、子育て支援と保健福祉の充実に関する事業、環境保全と景観の形成に関する事業、教育の充実と文化・スポーツの振興に関する事業の7事業から寄附する際に使い道を選ぶことができます。

北海道 登別市の返礼品ページ

北海道 登別市のホームページ
http://www.city.noboribetsu.lg.jp/docs/2017013100045/