北海道 松前町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

北海道 松前町のご紹介

北海道の松前町は、北海道の最南端の町で南端の白神岬からは津軽海峡が広がる絶景を目にすることができます。北海道の中では恵まれた温暖な気候で、四季折々の景色や食べ物を楽しむことができます。古くは北前船交易で栄えた歴史ある町で、松前藩時代の史跡も多く残されており、町の見どころとなっています。

数ある見どころの中でも、道内唯一の城として知られる松前城は町のシンボルです。松前城の一帯では、城から続く城下通りや城の北側に広がる寺町、江戸の街並みを再現した「松前藩屋敷」など、まるでタイムスリップしたような情緒あふれる街並みを目にすることができます。

この松前城の桜は全国的にも有名で、名物桜をはじめ、早咲き遅咲きを取り混ぜ約1万本250品種の桜が咲き誇り、「さくらのまち」として町を挙げてPRしています。毎年ゴールデンウィークごろに行われる大々的な「松前さくらまつり」にはこの見事な桜を一目見ようと多くの観光客が押し寄せます。

松前の名は、地元発祥の特産品「松前漬」でもよく知られています。昆布、イカ、数の子といったこの地で獲れる海産物を醤油などで漬け込んだものが主流で、白飯や酒の肴に申し分ない逸品です。地元の豊かな海では、ウニや蝦夷アワビなどの高級食材をはじめ、本マグロ、ホッケ、イカなどの新鮮な海の幸が水揚げされ、鮮魚だけでなく、乾物や加工品まで、時期に応じて様々な食材を味わうことができます。9月下旬に開催される「松前城下マグロまつり」では、新鮮なマグロ料理を堪能することもできます。

松前町がおすすめする人気の特産品・返礼品

松前町の返礼品は、ほとんどが北海の特産品です。松前漬や蝦夷アワビの姿煮、ウニの瓶詰、とろろ昆布など、地元で獲れた海産物の加工品を詰め合わせたセットは、一年を通して数種類から選ぶことができるのでおすすめです。生の海産物は季節ごとに選べる商品が異なりますが、天然生本マグロは人気の返礼品となっています。この他にも、普段手に入りにくい天然蝦夷アワビや生ウニ、活つぶ貝といった、北海道ならではの海の幸も人気があります。

松前町のふるさと応援寄附金の使い道

松前町では、寄附金を活用し、以下のような「ふるさと松前」をつくるための取り組みを行っています。
1.世界一の「さくらの里」を目指し、桜の保存、生育、施設の整備に。2.日本一の「書のふるさと」を目指し、書の普及、広報、席書大会の拡充に。3.「松前城」の保存、整備、再現を目指し、城郭の復元、ガイダンス施設の建設、天守の整備に。4.地域の活性化を目指し、特産品のPRをはじめとする物産振興等による地域経済の活性化に。

北海道 松前町の返礼品ページ

北海道 松前町のホームページ
http://www.town.matsumae.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000127.html

SNSでもご購読できます。