北海道 倶知安町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/25

 

北海道 倶知安町のご紹介

倶知安町は北海道西部、後志地方の東部に位置する町です。山や河川、湖沼などの自然が豊かな土地で、北は仁木町、赤井川村、西は共和町、東は京極町、南はニセコ町に接しています。「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山やニセコ連峰の雄大な自然を望み、町を流れる尻別川は清流日本一にも選ばれたことのある川です。261.34平方キロメートルの面積に約1万6000人の人口を有しています。県庁所在地である札幌市から国道393号線経由で1時間30分ほどの距離にあり、最寄り空港は新千歳空港です。小樽市からも程近く、同市のフェリーターミナルなどを利用して訪れることも可能です。

豪雪によりもたらされる豊かな水や気温の寒暖差を利用した農業が盛んであり、野菜や果樹の栽培が広く行われています。中でもジャガイモの産地としては日本トップクラスであり、「くっちゃんじゃが」として名高い男爵薯を中心に、「とうや」や「キタアカリ」などの品種が作られています。夏にはジャガイモの花が畑一面に咲き誇り、ピンクの絨毯となって訪れる人の目を楽しませます。町ではジャガイモにちなんだ「くっちゃんじゃが祭り」を毎年開催しており、唄や踊り、ねぶたなどのお祭りらしい出し物に加え、ジャガイモ詰め放題やジャガイモの食べ比べなどが行われます。

他に羊蹄メロンやスイートコーン、アスパラガスなども町の特産品です。冬は上質な雪に恵まれ、「東洋のサンモリッツ」とも称されるスキーリゾートへと姿を変えます。ニセコグラン・ヒラフやニセコHANAZONOリゾート、旭ケ丘スキー場などウィンタースポーツを楽しめるスポットが多数存在します。日本全国のみならず世界各地からスノーボーダーやスキーヤーが集まる人気の観光地です。

倶知安町がおすすめする人気の特産品・返礼品

倶知安町の名産品でもあるジャガイモが多くラインナップされています。ホクホクとした食感が特徴の「男爵」や、甘みが強い「北あかり」など、品種ごとにそれぞれの持ち味があり、二つの品種を詰め合わせたお得な「じゃがいも食べ比べセット」も用意されています。倶知安産のジャガイモを使って作られた「雪の下育ちのくっちゃんポテトスープ」も優しい味わいが人気となっている返礼品です。他にも「豪雪うどん乾めん」や「くっちゃんのお酒と焼酎」など、「くっちゃんじゃが」を使った特産品がたくさんあります。甘いものが好きな方には、町の老舗の菓子店が提供する「梅月菓子舗の倶知安銘菓」もおすすめです。

倶知安町のふるさと応援寄附金の使い道

倶知安町に寄せられた応援寄附金は、町のさまざまな事業に有効に活用されています。寄附の際、以下の事業の中から使途を指定することが可能です。
1.倶知安駅及び周辺の整備事業、2.環境・景観整備事業、3.観光リゾート地創出事業、4.「スキーの町」振興事業、5.福祉環境作り事業、6.子育て支援の充実化事業、7.子どもの教育の充実化事業、8.その他の指定事業(除雪事業、農業振興事業、公園の維持・管理事業など)の8事業です。

北海道 倶知安町の返礼品ページ

北海道 倶知安町のホームページ
http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/profile/donationforhometown/