北海道 幌加内町のふるさと納税のご紹介

北海道 幌加内町のご紹介

幌加内町は北海道の上川管内西部にある町で、町の南部を流れている幌加内川が由来となっています。北海道では最も人口の少ない町であり、2015年の国勢調査においても、人口密度が日本一低い町となっています。かつては北海道旅客鉄道深名線が通っていましたが、道路の整備による自動車の発達や人口減少で赤字となったため1995年に廃止され、バスに代替されました。現在は鉄道を引き継ぐバス路線として、深名線が運行されています。

観光スポットとして、夏はキャンプ、冬にはワカサギ釣りを楽しめる朱鞠内湖があります。遊覧船に乗ることもでき、カヌーの貸し出しも行うなど、自然をゆっくりと楽しめる場所です。道の駅センターハウスの「ルオント」では、三頭山のいで湯である「三頭の湯」につかることができます。宿泊施設の「ログキャビン」は、エアコン完備で快適に過ごすことができます。町内にある百年記念公園は道内でも指折りのパークゴルフ場があります。

幌加内町には、幌加内そばという名産品があります。そばの作付面積と生産量が日本一で、味や品質に高評価を得ています。このそばをはじめ、全国各地のそばを食すことができる「幌加内町新そば祭り」が秋に開催されます。夏に開催される朱鞠内湖湖水祭も町内で人気のお祭りです。また、冬には、幌加内の寒さを楽しめるイベントとして「冬あそびスタンプラリー」があります。ワカサギ釣りやスキー・スノーボードを楽しんで、商品をもらうことができるのでこちらも人気のイベントとなっています。

幌加内町がおすすめする人気の特産品・返礼品

幌加内町のふるさと納税返礼品には特産品のものが多く、中でもおすすめのものは名産品でもある「幌加内そば」と「サクッとワカサギ」です。ツルっとしたのどごしのおそばと、サクサクとした食感のワカサギが人気です。
幌加内そばの商品が多いですが、その他にも幌加内産の「じゃがいも」やそば畑から採集された制度の高いそば蜜を使用した「生キャラメルセット」もあります。食品以外にも「ワカサギフィッシングプラン」や「朱鞠内湖畔キャンプ場のログキャビンの利用券」とレジャーを楽しめる返礼品があります。

幌加内町のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金は、5つの施策分野から納税者にその用途を選択させ、より良いまちづくりに反映されます。
分野は、より良い子育て環境を整備する為、子供たちの教育環境を充実させて頂く子育て支援や教育振興に関する事業、生産量一位のそばの振興に関する事業、絶滅危惧種に指定されているイトウの保護に関する事業、朱鞠内湖の周辺の観光振興に関する事業です。特に指定がない場合は町長が使い道を一任されます。

北海道 幌加内町の返礼品ページ

北海道 幌加内町のホームページ
http://www.town.horokanai.hokkaido.jp/shiru/furusato-nouzei