北海道 恵庭市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/29

北海道 恵庭市のご紹介

恵庭市は、北海道札幌市と新千歳空港のほぼ真ん中に位置しており、人口は69,544人、札幌までJRで約24分、新千歳空港までJRで約13分と高速道路や鉄道を利用して、道内の主要都市や札幌市、各地の観光地までのアクセスがとても良い環境が整っています。恵まれた交通アクセス環境と穏やかな気候風土を持った都市となり、住宅地整備が早くから進められており、公共下水道や工業団地、大学や専門学校といった都市基盤の整備も進められています。支笏洞爺国立公園を後背地としている恵庭渓谷は、「ラルマナイの滝」や「北扇の滝」などが点在しており、観光名所として人気となっています。また近年では市民が主導して花のまちづくりが盛んに行われているため、「ガーデニングのまち」で全国にもその名が知られるようになりました。恵庭市を代表する名産品の一つに西洋カボチャの「えびすかぼちゃ」があります。ホクホクとした食感と鮮やかな果肉の色が特徴となっており、「恵庭のえびす」として積極的に道外市場へ売り出したことで、特に関西地方で、さらに全国的にも人気のブランドとなりました。そのかぼちゃを加工した食品やスイーツも人気です。かぼちゃだけでなく、恵庭でも獲ることが可能となったサツマイモのスイーツも人気が高いです。また道内有数の花苗の産地となっており、生産量、種類、品質どれもトップクラスです。札幌市の大通公園の花壇のほとんどは恵庭産の花を使っています。

恵庭市がおすすめする人気の特産品・返礼品

恵庭市林田という農村地区で作られた「たつや自慢の米ななつぼし」、恵庭市にあるサッポロビールの北海道工場で作られた、恵庭岳由来の水を使用した北海道工場のみで製造されている、北海道限定の「麦芽100%サッポロクラシック」が人気の返礼品となっています。おすすめの返礼品は、恵庭市の特産品であるカボチャや人参、ブロッコリーなどを使い、恵庭産ななつぼしを特製の出汁で炊き上げた「えにわっぱセット」となっています。

恵庭市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は次の8つの事業から選ぶことができます。子どもの読書環境の整備や子育て支援を行う「子育て支援事業」、花のイベント開催や公園や緑地の整備管理などを行う「水と緑と花の町づくり事業」、教育環境を整える「青少年・文化推進事業」、学校への入学準備が困難な家庭へ入学準備金を支給する「高等学校など入学準備金支給事業」、スポーツの普及を行う「スポーツ振興事業」、在宅福祉などの普及を行う「社会福祉推進事業」、U・Iターンを支援する「農業振興事業」、「市長におまかせ」となっています。

北海道 恵庭市の返礼品ページ

北海道 恵庭市のホームページ
http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1459315635775/index.html