岐阜県 垂井町のふるさと納税のご紹介

岐阜県 垂井町のご紹介

岐阜県西部の不破郡にあり、濃尾平野の西端に位置している垂井町は、人口は27,739人、名神高速道路の利用で関ケ原ICから約15分、東海環状自動車道の利用で大垣西ICから約10分となっており、交通アクセスが便利なため、岐阜市や大垣市のベットタウンとなっています。豊臣秀吉の名軍師である竹中半兵衛とその一族の拠点であった、「竹中氏陣屋敷」には、白壁の正門とがっしりとした石垣が今もなお残っており、一族の隆盛が物語られています。その他にも岐阜県の名水50選に選出された由緒ある泉の「垂井の泉」は、湧き出る清水が涸れることはなく、松尾芭蕉がこの泉の前で俳句を詠んだと言われており、垂井の地名の由来とも言われています。また高さ21mの鉄製の「南宮大社の大鳥居」は、東海地方有数のスケールを誇っており、新幹線の車窓から間近に見ることができる鳥居としても有名で、現在では垂井の名所として定着しています。竹中半兵衛グッズを始めとして特産品も数多くあり、竹中半兵衛の秘伝書に「合戦時の兵食に人参とゴマを混ぜ固めて持ち歩いた」と書かれていることに習い、人参とゴマが入った珍しい大福の「竹中半兵衛もち」、特産品の野菜や卵を使って垂井にこだわったお弁当の「地産地消垂井弁当」、町内の養鶏場で生産された平飼いの有精卵を使用した「焼きプリン」、町の山で飼育されているミツバチによって採取されたハチミツの「伊吹百草蜜」などがあります。

垂井町がおすすめする人気の特産品・返礼品

垂井町の人気の返礼品は、岐阜県の特産品「飛騨牛」となっています。上質な霜降りのシャトーブリアンやステーキセット、4等級以上のロース焼き肉用など、さまざまな部位が揃っています。おすすめの返礼品は、良質なハチミツを採ることができる蜜源植物が豊富にある垂井町で採取した、香り豊かな国産の「ハチミツ」、垂井町の特産品の「不帰茶」の煎茶と、「美濃いび茶」と「美濃白川茶」の詰合せセットです。不帰茶は、垂井町にある不帰の茶園で作られており、その名称から縁起物として贈答品としても人気が高いです。

垂井町のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は、安心して子どもを産んで育てるための事業、高齢者や障がい者の方たちが住み慣れている地域で暮らせるための事業、地域活動を活発に行うための事業、企業が進出しやすい環境を整備する事業、安全で快適に暮らすための住環境の整備を行う事業、自然環境の保全や歴史、自然を有効に活用する事業、新庁舎建設事業、その他のまちづくりに資する事業、の町が進めている第五次総合計画の重点項目となっている、8つの事業の中から活用先を選んでいただきます。

岐阜県 垂井町の返礼品ページ

岐阜県 垂井町のホームページ
http://www.town.tarui.lg.jp/docs/2015031900012/