福岡県 うきは市のふるさと納税のご紹介

 

福岡県 うきは市のご紹介

うきは市は福岡県の南部に位置しており、市内の東西には久大本線と国道210号線が横断しています。市の中心部へ行く場合、車に乗って約50分で行くことが出来ます。朝倉市、久留米市、八女市、大分県の日田市と隣接していて、朝倉市と久留米市と大分県日田市とは経済的な結びつきがあります。うきは市ではフルーツの栽培がとても盛んで、イチゴ・桃・ブルーベリー・梨・ぶどう・柿など年間を通して様々なフルーツを楽しむことが出来ます。その中でも耳納山麓一帯でとれる富有柿は有名です。この富有柿を使用した「富有柿太郎」は柿の風味をそのまま味わえる羊羹で、うきは市の銘菓として愛されています。また、フルーツだけでなく水もとても美味しいです。臨済宗清水寺で湧き出ている「清水湧水」は昭和60年に環境庁の日本名水100選に選ばれていて、昔から生活用水や農業用水として利用されているとても良質な湧き水なので、この名水を求めて沢山の人たちが訪れます。このように綺麗で美味しい水が豊富なまちなので、それによって育まれた名産品や観光名所も数多くあります。「うきはん茶」、「地酒いそのさわ」、「浮羽麺」、フルーツの飲食物もそうですし、観光名所でいえば6月の初旬になるとホタルの乱舞が楽しめる「ホタルの里」を挙げることが出来ます。毎年、5月下旬から6月初旬頃にホタルの里小塩地区にて「小塩ほたる祭り」が行われるのですが、メイン会場には出店が並びたくさんの人で賑わいます。冬になると、小塩地域を活気づけようと地元の方たちが家の庭先でイルミネーションを点ける「冬ボタル」というイベントがあります。最初はごく一部の地域で行われていたのですが、そこを中心に少しずつ広がっていき、今ではイルミネーションが約8kmに渡るほどの規模になりました。

うきは市がおすすめする人気の特産品・返礼品

うきは市はフルーツ王国といわれるほどに栽培が盛んなので、「富有柿」や「幸水梨」が人気あります。土地、水、環境にとても恵まれた農園で育っているフルーツはどれも絶品でおすすめです。また、「純米吟醸いそのさわ」、「うきはん茶」もこの良質な環境により産まれた特産品です。それらを育てるのに欠かせない美味しい水も返礼品として扱っています。うきはから採れたものをそのまま詰めている「うきはの天然水」は安全な水なので、赤ちゃんのミルクにも安心して使用することが出来ます。

うきは市のふるさと応援寄附金の使い道

皆様に頂いた大切な寄付をまちづくりに生かせるように5つの項目を用意致しましたので、下記の中からお選びください。1ふるさと人材だいじに寄付。子どもたちが学びやすい環境づくりに役立てます。2ふるさと産業いきいき寄付。まちが活性化するように観光業・農業・林業・商工業の活動に役立てます。3ふるさと福祉すこやか寄付。お年寄りや障がいを持った方でも安心して暮らせるように福祉に役立てます。4ふるさと暮しまもろう寄付。自然に恵まれたまちを大切にして環境を整える事業に役立てます。5ふるさと市長おまかせ寄付。

福岡県 うきは市の返礼品ページ

福岡県 うきは市のホームページ
http://www.city.ukiha.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=20

SNSでもご購読できます。