福岡県 飯塚市のふるさと納税のご紹介

福岡県 飯塚市のご紹介

飯塚市は福岡県の中央にある筑豊地方の中心都市で、県内の中でも4番目に入るほどの人口の多さです。地域中央部には一級河川である遠賀川が流れています。市内には「三群山地」と呼ばれる山地が形成されていて、地域北西部から西部へ400mから900mほどの大きな山が連なっています。その代表として三郡山や砥石山が挙げられます。ここはお土産品でよく見かける「銘菓ひよ子」で有名な吉野堂の創業地であり、大正元年に飯塚市で誕生しました。「ひよ子」は使用する素材からこだわっていて、黄味餡には大きさや味を厳選した隠元豆を、生地に使用する小麦粉は専用に製粉されたものを使用して作っています。銘菓だけでなく古くから受け継がれている施設もあり、昭和6年に建てられた「嘉穂劇場」は日本の中でも数少ない劇場で、水害で経営の存続が厳しくなったときも全国各地の大勢の方たちに支援していただき無事に復興することが出来ました。また、明治30年代後半に建てられた「旧伊藤伝右衛門邸」では、筑豊でとても有名な炭鉱経営者である伊藤伝右衛門や石炭産業の歴史について知ることが出来ます。春先になると旧伊藤伝右衛門邸をメインに雛人形を飾った「いいづか雛のまつり」が開催され、このお祭りに合わせて各地で様々なイベントが行われるのでたくさんの観光客が訪れます。そして、夏には遠賀川中之島で「飯塚納涼花火大会」が開催されます。約6000発の花火と全長約400mにもなるナイアガラの滝で盛り上がるこの花火大会の歴史はとても永く、毎年約10万人の観客でいっぱいになります。

飯塚市がおすすめする人気の特産品・返礼品

返礼品の中でも、やはり歴史のある「銘菓ひよ子」はおすすめです。「ひよ子バラエティセット」には福岡や季節限定のひよ子の他に、ピィナンシェ、クッキーせんべいなど様々なお菓子が入っています。飯塚市は昔からお菓子文化が根付いているので、ひよ子はもちろんのことどのお菓子もとても美味しいです。また、飯塚魚市場と仲介人がコラボした「カニの食べ比べ」や福岡県の特産品である「辛子明太子」、筑豊のソウルフードである「もつ鍋」も人気があります。もつ鍋のスープには地元の老舗醤油工房で造られた醤油を使用しています。

飯塚市のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から頂いた福岡県飯塚市へのふるさと納税による大切な寄付金は、以下の取り組みに活用させていただきますので1から6の中でお選びください。1産業や経済の活性化。歴史あるイベントの維持や、新しい産業づくりに取り組んでいきます。2教育・文化の充実。子どもたちの学習環境の支援や子どもを育てやすい環境をつくれるように進めていきます。3市民福祉の向上。医療費の負担を減らし、安心して暮らすことのできるまちづくりを進めています。4生活基盤の充実・環境整備。環境に優しくて便利なまちを目指して活動しています。 5まちづくりの推進。6全事業。

福岡県 飯塚市の返礼品ページ

福岡県 飯塚市のホームページ
https://www.city.iizuka.lg.jp/shise/kifu/noze/index.html