千葉県 八街市のふるさと納税のご紹介

千葉県 八街市のご紹介

八街市の地形は、高さ40mほどの下総台地とそれを刻む低湿地から形成され、東の九十九里平野と西の印旛沼低地の分水界をなしています。千葉県のほぼ真ん中に位置し東京都から約50㎞の距離にあり中心部に市街地が、その周囲には水田や畑作など農地が広がっています。また、近くには成田国際空港や京浜工業地帯があります。市の歴史をひも解くと、古くは江戸時代に幕府直轄地であった佐倉七牧のうち柳沢牧と小間子牧は開かれていましたが、明治時代に入ると窮民を救済するために開墾事業が進められその後、昭和の合併を経て、平成4年には千葉県下30番目の市として誕生、現在では人口約7万人の町となっています。市名は、佐倉七牧を開墾する際、8番目にこの地域が新田開発されたことに由来しています。隣接する都市は、山武市や佐倉市、東金市、千葉市などとなります。八街市の主要産業は農業であり、人参、大根、里芋、とうもろこし、スイカ等多くの農産物が収穫されております。その中でも、落花生は日本有数の生産量を誇り千葉特産品の代表格となり、八街駅前には落花生のオブジェが置かれ、落花生の郷として全国に知られています。また、生姜の産地としても有名でジンジャーエールドリンクなど生姜を用いた製品が数多く開発、提供されています。八街市を楽しむ人気スポットの中に、落花生堀りの体験を通じて豊かな自然と触れ合える観光農業体験企画があり、多くの方が訪れ体験されています。その他、ブルーベリー狩りや芋掘りなどの体験も人気があります。

八街市がおすすめする人気の特産品・返礼品

八街市を代表する特産品は、日本一美味しいと評判の落花生です。全国有数の生産量を誇っており、落花生を加工した製品もお土産等で人気です。その他、農業が盛んな土地柄から人参、大根、里芋、スイカ、とうもろこし等があり、中でも生姜は産地として知られています。ふるさと納税寄附金に対する返礼品の内容は、やはり落花生が一番おすすめです。また、生姜の産地として生姜ジンジャーエールや人参ジュースも好評です。その他、スイカや落花生を使用したピーナッツバター等も人気です。

八街市のふるさと応援寄附金の使い道

八街市のふるさと納税寄附金を活用した取組みは、基幹産業である農業を元気にすべく、助成制度など生産者を応援する取組みに活かしています。安心して暮らせる町づくりに向けて、救急や消防等の設備充実や防災に関連し備蓄品購入などに充当されています。その他、子供の育成、高齢者の生活管理などの健康維持に焦点をあてた支援活動に充当されています。市の大切な資産である豊かな自然を守る管理業務を強化拡大する際、貴重な財源となっています。

千葉県 八街市の返礼品ページ

千葉県 八街市のホームページ
http://www.city.yachimata.lg.jp/hurusato/top.html