千葉県 成田市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

千葉県 成田市のご紹介

日本を代表する空の玄関口『成田国際空港』があるまちとしても知られる成田市は、日本のファーストシーンを彩る国際観光都市にも指定されています。千葉県の北部中央にあり、かつては成田山新勝寺と宗吾霊堂の二大霊場を有した門前町として栄え、1950年代頃までは農業と観光の復興を二大施策にした田園都市でしたが、成田国際空港開港後は、航空関連のサービス業やゴルフ場など第三次産業が生まれ、まちに新たな雇用が創出されました。市内には、940年に宇多天皇の孫である寛朝大僧正により開山された一千年以上もの歴史がある全国有数の霊場で関東三大不動のひとつでもある「成田山新勝寺」があります。23万平方メートルもの広大な境内には、光明堂、釈迦堂、額堂や三重塔などが点在、これらはすべて重要文化財にも指定されています。また、成田山大本堂裏手に広がる16万5千平方メートルもの広大な面積を誇る庭園「成田山公園」は桜や梅、紅葉など四季を通じてさまざまな風景を楽しむことができるスポットとして県外から足を運ぶ人も多いですが、中でも園内に紅・白合わせて500本近くも梅の木が植わっている成田山公園は梅の名所としても有名で、開花期である2月上旬から3月上旬には「梅祭り」も行われています。その他にも、落花生の一大産地としても知られている成田市ですが、サツマイモの生産額・作付面積ともに国内トップクラスを誇り、最近では苗から出荷まで高品質にこだわった『大栄愛娘』という新たなサツマイモのブランド品種を作り、生産もしています。

成田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

江戸時代から成田山参りの宿で提供されていたという「鉄砲不動漬」は瓜やシソなど使用する素材はすべて国産というこだわりで、成田市のふるさと納税の返礼品としても人気のある商品となっていますが、地元の牧場の牛乳を使用し、某ネット通販サイトで5期連続グランプリにも輝いた「過激な牛乳食パン」や、成田市の特産品である落花生を使った「ピーナツハニー」も地元の人だけでなく、県外からのリピーターも多い、地元を代表する人気商品となっており、おすすめの返礼品です。

成田市のふるさと応援寄附金の使い道

成田市へふるさと納税として皆様から寄せられた寄附金は、市民の皆様がより安心・安全で快適な暮らしができるまちづくり実現のため、下記の6つの事業にて有効に活用させて頂きます。1.世界の交流拠点としてふさわしい都市づくりに関する事業への活用、2.活力ある産業を育てる事業への活用、3.市民全員が健康で生きがいある生活を支えるための事業への活用、4.地域文化の復興・推進、心豊かな人材の育成に関する事業への活用、5.生活環境の整備等に関する事業への活用、6.市民と行政が協働できるまちづくりにするための事業への活用の以上です。

千葉県 成田市の返礼品ページ

千葉県 成田市のホームページ
http://www.city.narita.chiba.jp/kurashi/page087900.html