千葉県 睦沢町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

千葉県 睦沢町のご紹介

千葉県の睦沢町は、房総半島の中央にあり房総丘陵の山間地域と一宮川流域には肥沃な土地の平野を有するコンパクトな農村です。町は人口が約7千人、世帯数が2764戸、おだやかな気候と清らかな水、空気、豊かな土地に恵まれスローライフが楽しめます。東京より電車並びに車で約1時間というアクセスの良い位置にあります。この地域の歴史は、さかのぼると本多氏の支配の後、旗本領地となっていました。近代に入って町の誕生は、1955年に土睦、瑞沢の2村と長南町の一部が合併、睦沢村となり、その後1983年に町制施行されています。睦沢町の主要産業は、農業中心でしたが町の地下には天然ガスが豊富に埋蔵されており、ガス事業や工業団地が造成されています。特に天然ガスは、隣接する長南町にも供給されています。東京近郊という環境の利点から、千葉市や東京に通勤する生活者を対象に住宅開発が進み、ニュータウンも形成されています。昔ながらの山里の景観を残す睦沢町の代表的な特産は、上総地区屈指の穀倉地帯で有機肥料、減農薬で手間ひまかけ育てられた、ちばエコ農産物認証のむつざわ米がとても有名です。安心安全で粘りがある美味しいお米です。また、上総一宮の江戸文政年間に創業の酒造酒蔵では、地元産の酒米を使用した純米大吟醸酒が挙げられます。町の名所や史跡等の観光スポットは、町の歴史文化が展示されている歴史民俗資料館や県内の古彫刻坐像として一番大きい妙楽寺の重要文化財である大日如来坐像、また、夏シーズンには町の自然を満喫できる緑地休養施設のキャンプ場に多くのファミリー等の方々が訪れます。

睦沢町がおすすめする人気の特産品・返礼品

睦沢町を代表する特産品は、豊かな自然、そして肥沃な土地が育んだ県エコ農産物認証のお米、むつざわ米が有名です。また、地域屈指の穀倉地帯から収穫された酒米を使用した純米大吟醸等が挙げられます。ふるさと納税寄附金に対する返礼品の内容は、町の農産物に人気が集中しています。睦沢町の酪農が育て、生産された人気アイスクリームセット並びにチーズ詰合せは極上の美味しさが評判となり、おすすめの逸品になっています。その他、純米大吟醸の睦水、自然薯が続きます。農産物以外では、ゴルフプレーが楽しめる、平日ゴルフプレー券が提供されています。

睦沢町のふるさと応援寄附金の使い道

睦沢町のふるさと納税寄附金を活用した取組みは、基本的にきれいな水、豊かな土地、澄んだ空気など豊かな自然環境を守り続け、安心安全な町として将来まで見据えてほどこす対策や活動の支援、助成に活用されています。町を支える農業、工業やガス事業などを後方支援し、経営を応援します。また、町の方をはじめ、町に訪れる方々が自然や歴史文化を満喫できるよう資料館やキャンプ場を含む関連施設の修繕、改修など保守管理に寄附金を役立てています。

千葉県 睦沢町の返礼品ページ

千葉県 睦沢町のホームページ
http://www.town.mutsuzawa.chiba.jp