愛知県 武豊町のふるさと納税のご紹介

 

愛知県 武豊町のご紹介

愛知県の知多半島は日本三大銘醸地の一つにも数えられており、昔から醸造産業が盛んな地域として有名です。そのなかでも特に栄えていたのが、知多半島の中央部に位置する武豊町です。武豊の味噌は「豆みそ」と呼ばれ、塩と大豆のみを原材料とし長期間熟成されることで作られています。味の良さはもちろんですが、近年注目されている大豆イソフラボンが多く含まれているという点で健康にも良い味噌となっています。全盛期には50件余りの業者が軒を連ね、豆味噌やたまりの一大生産地と名をはせていました。その理由として温暖な気候に恵まれていたということもありますが、武豊町が明治時代より港や鉄道の重要な拠点となっていたことも挙げられるでしょう。井浦湾の西岸に位置する武豊港は1899年愛知県初となる開港場に指定され、穏やかな海と天然の良港として多くの船が行き交いました。1957年には国の重要港湾にも指定されています。また1886年、同じく当時愛知県の最初の鉄道として国鉄武豊線が開通しました。交通の要所であり、武豊港とともに町の発展支えてきた存在です。この2つがあったからこそ、武豊の味噌やたまりの販売経路が大きく拡大したともいえます。現在は小迎地区、里中・大足地区に醸造蔵が残っており、受け継いできた伝統の味を守り続けています。味噌やたまりの香りを感じながら、レンガ造りの建物や黒坂堀など古きよき町並みを探索してみるのも良いでしょう。より深く知りたいという場合は、小迎地区にある味噌やたまりについての資料を展示している「伝承館」もおすすめです。

武豊町がおすすめする人気の特産品・返礼品

日本三大銘醸地でもある知多半島に位置する武豊町は、そのなかでも特に「豆味噌」やたまりの生産地として栄えた町です。そのため、特産品である豆味噌やたまりの「豆味噌味のセット」や「三年もの国産豆のたまり2種セット」、「宝山味噌・たまりつめあわせセット6品」などはセットということで幅広く楽しめるため人気の返礼品でありおすすめです。なかには味噌を使用したカステラやまんじゅうをセットにした「地産菓子詰め合わせ」などもあります。

武豊町のふるさと応援寄附金の使い道

「心つなぎみんな輝くまち武豊」を目指している武豊町では、実現のために様々な施策に力を入れております。皆様から頂いた寄付金はそんなまちづくり、ふるさとづくりに関連する事業に活用させて頂きます。武豊町に暮らすすべての人たちのための福祉、未来を担う子どもたちの健やかな成長を願う子育て支援、緑化や自然環境を守る環境保全、子どもたちの教育振興のための教育環境整備など、これらに関連する事業よりお選びいただく形になります。そのほかの事業をご希望の場合、町長に一任する選択肢もあります。

愛知県 武豊町の返礼品ページ

愛知県 武豊町のホームページ
http://www.town.taketoyo.lg.jp/contents_detail.php?frmId=1063

SNSでもご購読できます。