コンテンツ一覧

2022年ふるさとプレミアムで寄付すべき理由とは?メリットや返礼品を大特集!

「ふるさと納税では家電が欲しい」 「普段からAmazonを良く利用している」 そんな方におすすめのふるさと納税ポータルサイト「ふるさとプレミアム」について紹介します。 実質負担0円も夢ではない、お得なキャンペーンについて […]

続きを読む

【2022年最新】ふるさと納税「枕」の返礼品おすすめ10選!エアウィーブなど

枕は頭と首を支える大切な寝具です。枕が合わないと安眠できなかったり肩がこったりと体に支障をきたすこともあるので、自分の体にピッタリ合った枕を使いたいですよね。このページではアスリートが愛用している事でも有名な「エアウィー […]

続きを読む

【2022年最新】ふるさと納税「熊本県」の人気自治体TOP5とおすすめ返礼品

熊本県と言えば公式キャラクター「くまモン」を思い浮かべる方も多いかと思います。熊本県は黒毛和牛や魚介類、果物や野菜など魅力的な名産品が多く、ふるさと納税でも人気のある自治体です。このページでは熊本県で人気の自治体とランキ […]

続きを読む

【2022年最新】ふるさと納税「東京都」の人気自治体&おすすめ返礼品!

近年東京の自治体にふるさと納税する人が増え、寄付件数は急上昇。東京のふるさと納税は盛り上がりを見せています。 東京都のふるさと納税は伝統工芸品やホテル・レストラン利用券など、魅力的な返礼品が盛り沢山。東京から遠い地域にお […]

続きを読む

【2022年】ふるさと納税ホタテのおすすめ返礼品&還元率ランキング10

北海道の海の幸のひとつにホタテがあります。ホタテは新鮮さが命!ふるさと納税に提供されているホタテは獲ってすぐ急速冷凍して届けられるものが多く新鮮なホタテの味が堪能できますよ。このページでは、ふるさと納税に提供されている刺 […]

続きを読む

ふるさと納税でマイナンバーカードは必要?マイナンバーがわからない場合などの対処法

ふるさと納税をして、確定申告するときやワンストップ特例制度を申請するときにはマイナンバー(個人番号)が必要です。 「ふるさと納税にはマイナンバーカードがいるの?」 「えっ!マイナンバー?!めったに使わないから急に必要だと […]

続きを読む

【2022年】ふるさと納税「訳アリ品」がお得!おすすめ返礼品ランキング10

最近はコロナ禍と言うこともあり、本当なら廃棄処分にされてしまう物を格安または増量サイズで購入できる「訳あり品」を、ふるさと納税の返礼品でよく見かけるようになりました。自宅で食べるなら安くて増量されている「訳あり品」は、お […]

続きを読む

【2022年最新】ふるさと納税「トイレットペーパー」のおすすめ返礼品10選

「トイレットペーパーの買い置きをしておいた方がいいのかしら」 「かさばるから、トイレットペーパーを買いに行くのが億劫で・・・」 そんな方に是非おすすめしたいのが、トイレットペーパーの返礼品です。 この記事では、ふるさと納 […]

続きを読む

【2022年】ふるさと納税 波佐見焼のおすすめ返礼品10選

ふるさと納税では長崎県で生産される400年の歴史を持つ磁器「波佐見焼」が返礼品として提供されています。使いやすい形状で飽きのこない絵柄の波佐見焼は女性に大人気!お洒落な食器をお探しの方や食器の買い換えを検討中の方は、提供 […]

続きを読む

ふるさと納税は「節税対策」になるは本当?仕組みを図解で解説!

「ふるさと納税はお得」と聞くけれど、節税になるの?その仕組みは? こちらでは住民税控除を受けて地域を応援できる、ふるさと納税について分かりやすく説明します! 仕組みを知ってお得にふるさと納税を利用し、地域活性化に貢献しま […]

続きを読む

2022年ふるさと納税 寄付金額15万円のおすすめ返礼品12選!

年収が高い方は、ふるさと納税の限度額も多く返礼品選びに迷ってしまうことも多いようです。 商品ジャンルで選ぶのも良いですが、寄付額で選ぶという方法もあります。限度額の管理がしやすく、手間をかけずに返礼品を見つけられますよ。 […]

続きを読む

そもそもふるさと納税とは?

ふるさと納税は自分の故郷・出身地だけでなく、応援したい全国の自治体に寄付を行うことができる制度です。

自治体に寄付を行うと、お礼の品(返礼品)として各自治体の特産品などを受け取ることができます。返礼品の種類は実にさまざまで、食品をはじめ電化製品・宿泊券など、あらゆるジャンルのものが用意されています。詳細は「ふるさと納税とは、自治体への寄附のこと」をご確認ください。

ふるさと納税は何がお得なの?

ふるさと納税には、税制面でのメリットもあります。寄付を行った金額から自己負担分として2,000円を引いた金額が、寄付控除の対象となります。つまり、そのぶん住民税・所得税から減額されるということ。返礼品を受け取って、さらに節税効果にも期待できるふるさと納税。活用しない手はありません。

ただし、ふるさと納税の寄付控除には、年収や家族構成に応じた上限額が設けられています。上限額を超えた部分は控除の対象とならないので、ご自身の上限額を確認した上で利用するようにしましょう。上限額は、各ふるさと納税サイトで確認をすることができます。詳細は「寄附したお金は住民税の控除で還ってくる仕組み」をご確認ください。

ワンストップ特例手続きを忘れずに

ふるさと納税を行うと、本来であれば確定申告をする必要があります。ただし、「ワンストップ特例」の手続きをしておけば手間のかかる確定申告は不要なので、寄付時にぜひ手続きをしましょう。

ワンストップ特例とは、確定申告をしない方がふるさと納税を行なった場合(5つの自治体まで)、確定申告が不要になる仕組みです。詳細は「ワンストップ特例制度を使えば手続きはもっと簡単に」をご確認ください。

自分の控除上限額を調べよう!

あなた(寄付者様)の給与収入必須

あなたの家族構成必須

シミュレーション結果

までのふるさと納税が控除の目安となります。

  • 本フォームは総務省ポータルサイトの早見表に基づき設計しております。総務省ポータルサイトの早見表はこちら
  • シミュレーション結果はあくまで寄付上限額の目安となります。 より正確な金額を知りたい場合はお住まいの自治体もしくは税理士等にご相談ください。
  • シミュレーション結果に関する、何らかのトラブルや損失、損害等が発生した場合にも、一切の保証をいたしかねます。

ふるさと納税の仕組みや基礎知識