コンテンツ一覧

ふるさと納税 確定申告すべき?手続きの方法と期限、還付時期も解説!

会社員・サラリーマンはふるさと納税で確定申告が必要なの?それとも不要?実は会社員(サラリーマン)の方でも確定申告が必要な場合と不要になる場合の条件が分かれています。不要になる条件から確定申告の時期や期限、万が一忘れた時の対処法まで。2018年ふるさと納税で寄附申込の参考に!

続きを読む

【面倒な計算は不要!】ふるさと納税 限度額チェック!年収別の早見表

【2019年版】ふるさと納税で控除される寄附金の限度額を早見表で年収・家族構成別に簡単チェック!自分で計算したい方のために、限度額の計算式も併せてご紹介。お得な返礼品情報も満載なので、ご自分の納税額上限が分かったらおすすめ返礼品も是非チェックしてみてください!

続きを読む

控除限度額をチェック!

ふるさと納税 2015年半期納税額ランキング

ふるさと納税で人気の自治体ランキングを見てみましょう。各自治体のふるさと納税額合計を多い順にご紹介します。ランキング上位を占めるのは、お肉や電子機器、海鮮類などいずれも高額返礼品を多数用意している自治体。1位から5位までご紹介します。

続きを読む

そもそもふるさと納税とは?

ふるさと納税は自分の故郷・出身地だけでなく、応援したい全国の自治体に寄付を行うことができる制度です。

自治体に寄付を行うと、お礼の品(返礼品)として各自治体の特産品などを受け取ることができます。返礼品の種類は実にさまざまで、食品をはじめ電化製品・宿泊券など、あらゆるジャンルのものが用意されています。詳細は「ふるさと納税とは、自治体への寄附のこと」をご確認ください。

ふるさと納税は何がお得なの?

ふるさと納税には、税制面でのメリットもあります。寄付を行った金額から自己負担分として2,000円を引いた金額が、寄付控除の対象となります。つまり、そのぶん住民税・所得税から減額されるということ。返礼品を受け取って、さらに節税効果にも期待できるふるさと納税。活用しない手はありません。

ただし、ふるさと納税の寄付控除には、年収や家族構成に応じた上限額が設けられています。上限額を超えた部分は控除の対象とならないので、ご自身の上限額を確認した上で利用するようにしましょう。上限額は、各ふるさと納税サイトで確認をすることができます。詳細は「寄附したお金は住民税の控除で還ってくる仕組み」をご確認ください。

ワンストップ特例手続きを忘れずに

ふるさと納税を行うと、本来であれば確定申告をする必要があります。ただし、「ワンストップ特例」の手続きをしておけば手間のかかる確定申告は不要なので、寄付時にぜひ手続きをしましょう。

ワンストップ特例とは、確定申告をしない方がふるさと納税を行なった場合(5つの自治体まで)、確定申告が不要になる仕組みです。詳細は「ワンストップ特例制度を使えば手続きはもっと簡単に」をご確認ください。

ふるさと納税の仕組みや基礎知識