「ふるさとチョイス」を徹底攻略!キャンペーンやログイン方法、アプリ解説まで

楽天スーパーSALE開催中!!

\12/11(土)01:59まで/

ポイント最大43倍!
2021年ラストチャンス!ふるさと納税をするなら今!

今すぐエントリー ▶

ふるさと納税ポータルサイトの中でも、旬の返礼品情報が37万点以上ある「ふるさとチョイス」。サイトの特徴からログインや決済方法などの使い方まで、その便利な機能を完全攻略しましょう。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」とは?

ふるさとチョイス
ふるさとチョイスは、インターネット上でふるさと納税ができる「ふるさと納税ポータルサイト」のひとつです。全国1,788自治体、37万点以上の地域の名産品(返礼品)を取り揃えており、複数あるポータルサイトの中でもダントツの規模になっています。

ふるさと納税の返礼品が37万点以上あるので、見ているだけで百貨店のような楽しさがあります。会員登録をすれば、寄付金額に応じてお礼の品が受け取れます。

ふるさとチョイスはふるさと納税の総合プラットフォーム

「ふるさとチョイス」は返礼品ポータルサイトの機能に加え、「ふるさと納税大感謝祭」や、毎年開催している「ふるさとチョイスアワード」など、地域の人と寄付者が交流できるイベントやセミナー等を多数開催、YouTubeも公開しています。

「ふるさとチョイス」は、ふるさと納税を受ける自治体と納税者をつなぐ総合プラットフォームなのです。

ふるさとチョイスの人気返礼品は?ランキングを紹介!

ふるさとチョイスの返礼品
ふるさとチョイスでは幅広い返礼品を掲載していますが、家電返礼品は取り扱っていません。

ここではふるさとチョイスで人気のふるさと納税返礼品をランキング形式であつめてみました。

ふるさとチョイスの使い方

ふるさとチョイスは掲載返礼品や自治体が多いので、初めて使う方は少々戸惑うことがあるかもしれません。この記事では、ふるさとチョイスの使い方の基本も合わせて解説していきます。

ふるさとチョイスの決済方法

「ふるさと納税って手続きが面倒なのでは…」という心配はご無用。ふるさとチョイスを使えば、1~2分で申し込み完了。決済方法も大手ECサイト並に充実しています。

約1600以上の自治体で、クレジットやコンビニ決済が使え、スマホや音声デバイス(Alexa等)から注文もでき、スムーズに返礼品が受け取れます。

以下がふるさとチョイスで対応している決済方法です。

  • ・クレジットカード決済
  • ・楽天ペイ
  • ・Amazon Pay
  • ・d払い
  • ・auかんたん決済
  • ・ソフトバンクまとめて支払い
  • ・PayPal
  • ・メルペイ
  • ・Pay-easy
  • ・ネットバンク支払い
  • ・コンビニ支払い

ただし、返礼品の種類によっては決済方法が限定されている場合もあります。また、自治体によっては郵便振替、銀行振込、自治体へ直接持参、なども可能です。

詳細はそれぞれの自治体に問い合わせてみましょう。

ふるさとチョイスの検索方法

自分好みのお礼の品を集めた「お気に入り登録」が出来たり「寄付履歴」機能でリピート発注ができたりします。「地域」や「お礼の品」ごとでも絞り込み機能があるので、希望の品を探せます。

チョイス編集部が厳選した「ランキング」「おすすめ」記事の中からも、お得な品を選ぶことができます。

まずはふるさとチョイスにログインしてみよう!

「ふるさとチョイス」を徹底攻略!キャンペーンやログイン方法からアプリ解説までふるさとチョイス

まずは、ログイン画面を開いて基本情報を登録です。手続きはカンタン、2~3分程の操作で完了します。SNS(Facebook、LINE、Twitter)かYahoo,GoogleのIDで登録すれば入力は不要です。

「ふるさとチョイス」を徹底攻略!キャンペーンやログイン方法からアプリ解説までふるさとチョイス

2ページ目「ファスト寄付設定」。ふるさと納税の申し込みをPCやスマートフォン、Alexaなどの音声デバイスから使えるようになるので設定しておきましょう。カードをお手元に用意して入力、質問にいくつか答えます。1~2分で完了します。

ふるさとチョイスのシミュレーションを活用しよう

ふるさと納税の返礼品受け取りは、納税額に応じて控除上限額が決まっています。

通常ECサイトでのお買い物とは異なるので注意が必要です。自分の上限額を知りたい時「ふるさとチョイス」のシミュレーターが役に立ちます。

ふるさとチョイスの控除上限額シミュレーション

シュミレーターに家族の所得、家族構成、扶養家族の有無、保険料や控除額を入力するだけで、おおよその上限額が自動で分かり便利です。返礼品を探す前にまずは金額を計算してみてください。なお、シミュレーションで出した数字はあくまで前年度を参考とした目安です。

ふるさとチョイスの支払い方法

ふるさとチョイスで寄付をした場合の支払い方法は、オンライン決済をはじめ各種ご用意があります。

ECサイトで使える決済はほぼ網羅されていて、普段のお買い物をするように、気軽に返礼品を申し込むことができます。銀行決済が対応可能な自治体も多くありますので、クレジットカードがない場合も申し込めます。

「ファスト寄付」に登録すればクレジットカード決済ラクラク

「ファスト寄付設定」の手続きをお済ませてください。クレジットカード登録で決済がスピーディです。2クリックで決済が完了します。

ふるさとチョイスで使えるオンライン決済ID一覧はこちら

以下の3つの決済パートナーのIDが使えます。ふるさとチョイスのログイン不要で使うことができます。

・楽天ペイ
ふるさと納税の決済に楽天ポイントが使えます。

・Amazon Pay
Amazon Payを使って、ふるさと納税の返礼品の決済ができます。

・d払い
dポイントもふるさと納税の決済に使えます。

その他「ふるさとチョイス」でつかえる決済パートナー各種

また、「ふるさとチョイス」は以下のオンラインサービスも支払対応しています。ふるさとチョイスの会員画面にログインし、決済時ご希望の方法を選択してください。対応可の自治体の返礼品であれば使えます。

・auかんたん決済
対応のau機種からauIDを使ってお支払いが可能です。

・ソフトバンクまとめて支払い
ソフトバンクの回線を使った対応機種で決済が可能です。

・PayPal
カードでも銀行口座からでも返礼品の支払いができます。

・メルペイ
メルカリで使用したメルペイ残高を返礼品の決済に利用することができます。

・Pay-easy
申し込み後メールで届くPay-easyの番号を控えてATMで入力して決済することができます。

・ネットバンク支払い
申し込み後にメールで通知されるURLから、405店舗のの金融機関からネットバンクを選択し決済できます。

・コンビニ支払い
ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーストア、セイコーマートでの支払いが可能です。同じく申し込み後のメールを確認して、各種コンビニエンスストアで手続することができます。

自治体によっては振込も対応

自治体によっては、郵便振替 銀行振込 現金書留 納付書払い コンビニ納付書払い 、自治体へ直接持参などの方法に対応しています。自治体ごとで利用できるお支払い方法が異なるので、支払いの方法の確認は「お礼の品詳細ページ」から確認してください。

なお、最近多くのポータルサイトで導入されているpaypayについては、2021年10月の段階ではまだ利用できません。

ふるさとチョイスの決済方法を確認する

ふるさとチョイスのアプリ

ふるさとチョイスのアプリにはiOS版のふるさとチョイス公式アプリがありますが現在改修中で、今はブラウザからのみ利用することができます。

ふるさとチョイスのキャンペーン

ふるさとチョイスで寄付をする際、「キャンペーンコード」の入力欄にコードを入力すれば、お得に返礼品が受け取れます。「JTBトラベルギフト」など各種提携先代理店のサービスから、Amazon Payなどの決済パートナーのキャンペーンまであり、寄付申し込みフォームからエントリーできます。

また、チョイス編集部が企画したキャンペーンもあります。

例えば、「年末バタバタは卒業!今年はゆったりふるさと納税キャンペーン」は、お得な返礼品をバランスよく複数個受け取れたり、「ゆったりできるグッズのプレゼント」に応募出来たりと、盛りだくさんな内容です。

ふるさとチョイスの大感謝祭とは

ふるさとチョイスが実施する「大感謝祭」は、お得に受け取れる各自治体の返礼品の魅力をお伝えするフェスティバル形式のイベントです。本年度はオンライン開催を予定しています。

数多あるふるさと納税の魅力に迫り、郷土愛を交歓しあうこのイベントは、街の魅力、人の魅力、ものの魅力を伝えています。

「ふるさとチョイス」のサイトから大感謝祭特設返礼品や、感謝が詰まった「ありがとうBOX」のお届けなど、感謝祭の時期にしか受け取れないお礼の品を受け取ることができます。

まとめ

魅力的なお礼の品はもちろん、各自治体の想いを伝えるポータルサイト「ふるさとチョイス」。

ふるさと納税を初めて行う方は、まずふるさとチョイスを見てみるといいでしょう。各ポータルサイトはそれぞれのコンテンツやキャンペーン、独自の返礼品なども掲載しているので、慣れてきたら複数サイトを見比べてみるのをおすすめします。

ポータルサイトでネックになるのが会員登録の複雑さです。ふるさとチョイスの「ファスト寄付」は、最初に設定しておくと各種決済がサクサク進み、いつでもどこでも返礼品の申し込みができて便利です。活用すれば、気軽にふるさと納税の返礼品を受け取ることができそうですね。