ふるさと納税で大人に人気!おすすめのワイングラスランキング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、日本で最も注目されている納税制度が、ふるさと納税。各地自治体へ納税をすることによって、その土地の特産品や得点などがもらえることで話題です。返礼品により還元率は様々。さて、そんなふるさと納税なのですが、食べ物だとすぐ終わってしまってもったいない…と、思われている方も多いようです。実は、ふるさと納税には工芸品も多くあり、長く愛用することができます。今回、普段ご自分ではなかなか手に入れる機会が少ない、国産の珍しワイングラスの返礼品を紹介します。普段飲んでいるワインの味わいが、何倍にも美味しくなるワイングラスの数々を、ぜひご覧ください。

木Glass(木グラス) ウズ 寄附金額 30000円 (北海道旭川市)

出展:amazon.co.jp

寒く、氷のイメージの強い北海道らしさを感じさせるワイングラスが、北海道旭川市の木Glass(木グラス)ウズです。北海道は、今や日本ワインの未来を担う、世界からも注目されている有名産地となりました。自然豊かなこの土地らしく、何と土台に木材を使ったユニークなデザインが特徴的です。氷を思わせるような、繊細な躍動感溢れる模様はまさに芸術品。口に当たる部分もやわらかく、飲み心地も良好です。

木Glass(木グラス)は、三角グラスでできた酒器です。実は、この工芸品は歴史が古く、工芸家同士の協力によって30年前には完成していたそうです。ウズのネーミングは、泡がウズ状に巻いているデザインから。ワインはもちろんですが、日本酒や焼酎、ウイスキーなどにも最適なグラスです。

詳細確認へ

勝沼ワイングラス 寄附金額 10000円 (山梨県甲州市)

出展:www.city.koshu.yamanashi.jp

日本のワイン銘醸地といえば、なんといっても山梨県の勝沼。数多くのワイナリーが点在するこの土地は、「ワイン産業振興特区」に認定されていることから、世界へも挑戦できる小規模ワイナリーが多いことで有名です。そんな勝沼ならではのワイングラスは、口がすぼんだ繊細なフォルムが特徴的。ブドウまつり、勝沼新酒まつりでも使われている貴重なグラスは、戸棚に飾っておいても映えるのではないでしょうか。

ワイングラスに描かれているのは、高野正誠と土屋竜憲という二人の男性。日本人として初めてフランスへワイン留学を果たした、日本ワイン発展の要となる重要な人物です。二人のワインへの情熱をグラスへワインを注ぎ入れるたびに思い起こすことができる、何ともロマンチックなワイングラスです。

詳細確認へ

石塚硝子製ワイングラス(SAKURA WINE 540ml) 寄附金額 20000円 (愛知県岩倉市)

出展:rakuten.co.jp

愛知県岩倉市の返納品である、石塚硝子製ワイングラス。愛知県はあまりワインで知られていませんが、近年では世界でワイン醸造技術を磨いた熟練者たちが、小さなワイナリーを開き注目されはじめています。そんな愛知県岩倉市のワイングラスの特徴は、何といってもグラス外側に配された美しい桜の花びら。やや曇り加工を施したことで、より可憐さが表現されています。

こちらのグラスは、結晶のように特殊技術にて腐食させ、その上に金転写加工が施されているという、職人さんの技術の粋が詰め込まれている仕上がりです。持ち手やグラスの縁部分にまで黄金が使われているという、贅沢極まりない愛知県らしいワイングラスとなっています。

詳細確認へ

【三宝】ステンレスワイングラス 寄附金額 30000円 (新潟県 燕市)

出展:https://www.furusato-tax.jp/

ワイングラスは、ガラス製を思い込んでいる方は驚いてしまうだろうグラスが、新潟県 燕市の【三宝】ステンレスワイングラスです。三宝というメーカーは、半世紀以上ステンレス製品を手がけてきた、いわばステンレスのプロメーカーです。そんな三宝が技術を総動員して作り上げたのが、この美しいステンレスワイングラスです。細く繊細な持ち手部分からなめらかな曲線を作る、妖艶な女性のような見事なデザインは他に無い存在感を放ちます。

このワイングラスの注目点は、継ぎ目の無い一体感のあるデザインです。三宝が持つ全ての技術が総動員されていることで、アート作品のような流線型の美しいフォルムが再現されています。また、二重構造となっているので、ワインの温度が温度変化しにくく、繊細な味わいが命のワインにとって理想のワイングラスとなっているのです。

詳細確認

石塚硝子製ペアワイングラス(SAKURA WINE 540ml) 寄附金額 40000円 (愛知県岩倉市)

出展:rakuten.co.jp

特殊な技術によって、美しい桜の花びらのデザインが施されるのが、愛知県岩倉市の返礼品である石塚硝子製ペアワイングラス。黄金をバランス良く組み合わせた、繊細で可憐な桜の花びらの姿は、日本人であれば郷愁に誘われること間違いありません。ペアですので、大切な人とワインを傾けたい時におすすめです。

特殊な技術にいって結晶のように腐食させてから、金を転写加工して美しい伝統的なデザインに仕上げています。曇りガラスがどことなく上品さを際立たせる、大人っぽいデザインが心を動かします。形はシンプルなので、赤ワインや白ワイン、ロゼワイン問わずに手軽にお使いいただくことができます。

詳細確認へ

萩酒杯(Japanese Wine Cup) 寄附金額 50000円 (山口県山口市)

出展:furunavi.jp

山口県山口市といえば、陶器でも大変有名です。そんな山口県山口市の返納品としてワイングラスがありますが、その名も、萩酒杯(Japanese Wine Cup)です。何と、陶器で作られたワイングラスであり、手のひらに馴染みやすい、あたたかみのある仕上がりとなっています。実は、ワインで有名な山梨県では以前より陶器で甲州種ワインを飲む風習があるといいます。日本人の生活に合った、陶器製のワイングラスは必ずワインの美味しさを倍増させてくれるはずです。

萩酒杯(Japanese Wine Cup)は、一体成形で作られているところがポイントです。継ぎ目の無い、なめらかな仕上がりが上品さを高めます。また、色合いもバイカラー、グラデーションとおしゃれ。平成27年9月に特許登録が認められた、特別感溢れるグラスとなっています。

詳細確認へ

津軽塗ワイングラス 寄附金額 50000円 (青森県 弘前市)

出展:http://www.mbok.jp/

青森県弘前市で守られている伝統工芸、「津軽塗」。江戸時代から受け継がれてきたという、長い歴史を持つこの津軽塗で作られたワイングラスが、青森県弘前市の返納品、津軽塗ワイングラスです。青森県にて、唯一国の指定を受ける伝統工芸として知られている津軽塗。ペアとなっており、赤と黒の「唐塗」という伝統技法がほどこされています。

津軽塗ワイングラスは、やや細身のフォルムとなっており、シャープなソーヴィニヨンブランなどを飲むのに特に適しています。もちろん、赤ワインでも問題ありませんよ。近年、日本ワインの躍進により、ワインと和食のマリアージュの幅が広がっています。スタンド部分に津軽塗を施したことで、ぐっと和風な表情に仕上がっています。和食を提供する食卓にも違和感無く馴染むことの津軽塗ワイングラスは、特別な日にだけでなく、普段使いにもおすすめです。

詳細確認

カガミクリスタル社製 ペアワイングラス 寄附金額 50000円 (茨城県龍ヶ崎市)

出展:http://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/

茨城県龍ヶ崎市といえば、あのカガミクリスタル社がある場所です。この地域の返礼品は、そんなカガミクリスタル社製のペアワイングラスとなっています。宮内庁をはじめ、外務省や在外公館などに製品を多く納めているクリスタル製造メーカーである、カガミクリスタル。「プレステージライン」と名付けられたこのワイングラスは、オーソドックスな形ながら、機能美が追求された世界基準のグラスです。

一見、シンプルなデザインの「プレステージライン」のワイングラス。繊細なカットで模様が入れられており、上品さとエレガントさが表現されています。海外日本大使館などの公館用食器の原型となったといわれており、まさに日本のワイングラスの原点ともいえるデザインが魅力です。流行に流されることのない、タイムレスな存在は堂々たるものです

詳細確認

有田浪漫 ハイレッグワイングラス(小)ペアセット 【陶磁器】 寄附金額 70000円 (佐賀県有田町)

出展:rakuten.co.jp

佐賀県有田町といえば、日本が誇る有田焼の名産地です。そんな有田町の返納品が、有田浪漫 ハイレッグワイングラスです。持ち手部分が陶磁器製という、まさに和洋の文化が融合した芸術作品となっています。ボディは口すぼみのデザインとなっており、ワインの香りをしっかりと閉じ込め、鼻に運んだ時に一気に香りが溢れ出すようになっています。

伝統的な有田焼をつくる窯元による、特別なワイングラス、有田浪漫ハイレッグワイングラス。スタンド部分と持ち手は陶磁器製で、伝統的な有田焼の模様を配してボディと特殊な技法で接着しています。色は、染錦ぶどう赤・青の二種類となっており、ワインを入れた時のコントラストも楽しめるようになっています。

詳細確認へ

ミュゼグラス有田焼 菊唐草・色絵花唐草2点セット 寄附金額 70000円 (佐賀県有田町)

出展:furusato-tax.jp

有田焼で有名な、佐賀県有田町。日本国内でも最高峰の技術を要するこの伝統的な有田焼で作る、贅沢なワイングラスが返納品です。その名も、ミュゼグラス有田焼 菊唐草・色絵花唐草。繊細でシャープなフォルムのボディ、台座部分に美しい有田焼の閉じ込める、エレガントな仕上がりが目を奪います。このミュゼは、フランス語で美術館を意味する言葉であり、まさにアーティスティックなムードを漂わせています。

ミュゼグラス有田焼 菊唐草・色絵花唐草2点セットは、しん窯の世界初ワイングラスです。洋食だけでなく、和食のシーンでも自然に溶け込むようなデザインが見事です。ちなみに、 佐賀県の「さがラボチャレンジ」んて、なんと優秀賞を獲得した、佐賀県お墨付きのワイングラス。誰もが羨む、その美しさに溢れたワイングラスを手に入れるチャンスです。

詳細確認へ

ふるさと納税でワイングラスの世界を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?今、日本ワインは品質が向上してきていることで知られていますが、ワイングラスに目を向けている方はまだまだ少ないかもしれません。陶器やガラスの生産地では、その技術を利用した遊び心溢れたワイングラスが多数生産されています。また、こういったワイングラスは和のテイストがどこか含まれているため、ワインだけでなく日本酒などにも使いやすいのがポイント。これからも、より注目されるであろう、ワイングラスの世界。ふるさと納税を利用し、返納品としてこの世界観を楽しんでみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。